logo

モバイル無線とセルラー基地局のタワーマウントアンプ

リモートラジオヘッド、LTE、最新の操作環境の市場課題とビジネスチャンス

タワー搭載のアンプリファイア(増幅器)は、サービスプロバイダにとって最も優れた性能を示す基地局の一つである。最小のコストで効果が得られる。タワーマウントアンプは、基地局のRFハードウエアバリューチェーンにおいて非常にユニークな位置を占めている。導入の最初からシステムの一部としてとりいれることもでき、後から必要に応じて取り入れることもできる。新しい技術は他にもあるが、リモートラジオヘッドはTMA市場の成長を脅かすだろう。
この調査レポートは、タワーマウントアンプの収益と出荷数を無線技術毎、周波数毎、構成毎に予測し、2010-2015年の総収益、ASPの推移なども記載している。2010年のベンダ市場シェアと、2010-2015年の単独型とシステムベースのタワーマウントの収益、AISGとプロプライアタリモニタリングについても記載している。

【調査レポート】
モバイル無線とセルラー基地局のタワーマウントアンプ:リモートラジオヘッド、LTE、最新の操作環境の市場課題とビジネスチャンス
Tower Mounted Amplifiers for Mobile Wireless and Cellular Base Stations
Market Challenges and Opportunities from Remote Radio Heads, LTE and the Modern Operating Environment
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事