logo

糖尿病情報ウェブサイト「糖尿病がよくわかるDM TOWN」をリニューアル

サノフィ・アベンティス株式会社 2010年06月14日 16時30分
From PR TIMES

糖尿病情報ウェブサイト「糖尿病がよくわかるDM TOWN」をリニューアル
~患者さん、ご家族および一般の方に向けて、糖尿病情報を分かりやすく提供~

「糖尿病がよくわかるDM Town」(リンク



サノフィ・アベンティス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:パトリック・ショカ)は、糖尿病の治療や予防に関する多彩な情報をお届けするウェブサイト、「糖尿病がよくわかるDM Town」(リンク)を、5月24日にリニューアルオープンいたしました。

「DM Town」では、これまで健康診断や糖尿病の予防、インスリン治療などに関する正しい知識を身につけていただくための情報を提供してきましたが、特に今回のリニューアルでは、糖尿病の患者さんに出会った際の対応について知り、学ぶコンテンツ「糖尿病の人に出会ったらどうする?」を新たに加えました。

「糖尿病の人に出会ったらどうする?」コンテンツ内容
 ・外出時、困っている人に出会ったら?
 ・動作の不自由な人に出会ったら?
 ・災害時、私にできること

実に日本人の40歳以上の3人に1人が糖尿病か糖尿病予備群といわれている一方で*、糖尿病患者さんへの理解はあまり浸透しているとはいえず、災害時などは周りの人々の適切な協力がなければ命に関わる事態にもなりかねません。

日本における「糖尿病が強く疑われる人」、「糖尿病の可能性を否定できない人」は、約2,210万人と推定されています*。また、今年5月には糖尿病診断基準の改定も予定されており、この機会に多くの方に健康維持や糖尿病予防についての意識を高めていただけるよう、サノフィ・アベンティスは「DM Town」を通じて、さらに積極的に活動してまいります。
*「平成19年国民健康・栄養調査」厚生労働省より


■サノフィ・アベンティス株式会社の糖尿病領域への取り組み
サノフィ・アベンティスは、日本の糖尿病領域において経口血糖降下剤とインスリン製剤を提供する国内唯一の製薬企業です。経口血糖降下剤の主力製品として、2型糖尿病に使用されるスルホニルウレア系経口血糖降下剤(SU剤)「アマリール(R)」(一般名:グリメピリド)と、1型および2型糖尿病を対象とする持効型溶解インスリンアナログ製剤の「ランタス(R)」(一般名:インスリン グラルギン[遺伝子組換え])及び超速効型インスリンアナログ製剤「アピドラ(R)」(一般名:インスリン グルリジン[遺伝子組換え])を提供しています。
日本では、2008年より、日本糖尿病協会の発展に寄与し、顕著な功績をあげた日本糖尿病協会の会員およびその関係者を表彰する、日本糖尿病協会「サノフィ・アベンティス賞」を後援しています。

■サノフィ・アベンティス社について
世界をリードする製薬企業の一社であるサノフィ・アベンティスは、医薬品の創薬発見・開発・販売を通じて、人々の生活の質の向上に取り組んでいます。
サノフィ・アベンティスは、パリ(Euronext: SAN)およびニューヨーク(NYSE:SNY)に上場しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。