logo

Gulfstreamはアジアでかなりの需要を見る

Hong Kong, June 11, 2010 - (JCN Newswire) - マカオのアジアビジネス航空機展示会の前日、当地域Gulfstream社シニアシニアエクゼキュティブであるロジャー・スペリーは、香港に集まったレポーターに対して、アジアがビジネス航空機、そして特にGulfstreamにとって最強の市場となったことを発表しました。

Hong Kong, June 11, 2010 - (JCN Newswire) - マカオのアジアビジネス航空機展示会の前日、当地域Gulfstream社シニアシニアエクゼキュティブであるロジャー・スペリーは、香港に集まったレポーターに対して、アジアがビジネス航空機、そして特にGulfstreamにとって最強の市場となったことを発表しました。


「市場は堅牢で、ビジネス文化はダイナミック、そしてより多くの会社がビジネス航空機が提供する柔軟性と利点を発見しつつあります。」とGulfstream南アメリカおよび極東国際セールス部門の副社長であるスペリーは語ります。


Gulfstreamは大型、長距離区分でのリーダーで、6,750海里飛行のGulfstream G550および新しいG650などがあり、これは世界で最大で最も速く、最も飛行距離が長いビジネス航空機です。G650の初飛行は2009年11月25日で、5月2日に目指していた最大飛行速度のマッハ0.925を達成しました。飛行距離は7,000海里で、香港とロンドンを姉妹機であるG550より一時間早く飛行します。Gulfstreamの新しい主要航空機であるG650は200機の受注残があります。


今日、Gulfstreamは中国、香港およびマカオにおける大型機、長距離ビジネス航空機の63%を占めています。


「中国およびその地域の市場を見ると、潜在的成長がかなり伺えます」とスペリーは語ります。


今日、Gulfstreamは中国、香港およびマカオにおける大型機、長距離ビジネス航空機の63%を占めています。


「中国およびその地域の市場を見ると、潜在的成長がかなり伺えます」とスペリーは語ります。


アジアは去年最も確実にビジネス航空機が伸び、2008年に比べて15%成長しました(航空宇宙アナリスト企業、Teal Groupによる)。それに比べてヨーロッパの成長は13%、アメリカはたったの2%でした。Gulfstreamは北米60%から国際市場への販売が60%へと売り上げが近年シフトし、その多くがアジア市場に移りました。


Teal Groupは2010年~2019年に最も成長が見られ、それがGulfstreamの売り上げの大半を占める大型機であると予想しています。


スペリーは、アジアにおけるビジネス航空機の成長をサポートするいくつかの傾向を指摘しました。


- 過去10年において、堅牢な富の創出が起きた
- アジアの経済は堅牢
- ダイナミックなビジネス文化
- 中国では飛行計画手順が簡単
- 中国政府は2020年までに97の空港を建設することをコミット
- 中国民間航空機(CAAC)総務が協力して、ビジネス航空機の認証および登録を行う
- Minsheng銀行など、新たな財源
- ビジネス航空機が経済成長を育てることに対する、政府と業界の認識


彼はまた、この地域で販売するときに生じるいくつかの挑戦事項について話した。「インフラ(空港、ランプのスペース、ビジネス航空機のターミナルとサービス施設)は増加していますが、航空サービスの需要がいまだに勝っています。そういいながらも、政府当局はこのような問題を認識し、そのサポートに勇気付けられています。」とスペリーは語ります。


スペリーが語るには、Gulfstreamはこの地域へのリソースの重大なコミットメントを示し、リーダーとしての位置づけを維持するつもりとのこと。昨年だけでも、会社は北京、香港およびシンガポールのベースにおけるスペア部品を二倍にしました。また、北京のDeer Jetに技術者のチームを置きました。Deer JetはGulfstream航空機の最大保有オペレータです。また、香港に社内保守専門家も置きました。6つの大陸で44の施設にサービスを置き、これには姉妹会社であるJet Aviationが含まれます。Jet Aviationは香港とシンガポールに存在します。


Gulfstreamは香港のMetrojetと親密な協力関係に長い間あり、その会社では企業や個人に対してビジネス航空機を管理し、主要な地域リース会社であるMinsheng銀行と関係を築きました。


「当社はお客様と親密で成功をもたらす関係を持つために、一心にフォーカスしています。Gulfstreamは業界の先端を行くサービスで、有名です」とスペリーは語ります。GulfstreamはProfessional Pilot and Aviation International News などの主要業界出版物が行ったアンケートで製品サポートが一番であることが定期的に発表されます。これは10年以上続いています。


概要: Gulfstream Aerospace社
Gulfstream Aerospace社は、General Dynamics(NYSE:GD)の完全子会社で、世界で最も技術的に進んだビジネスジェット航空機の設計、開発、製造、マーケティング、サービスおよびサポートを行う会社です。1958年以来、Gulfstream社は世界中のお客様に1,800機の航空機を作ってきました。未来における多様な輸送ニーズを満たすために、Gulfstream社は包括的な飛行機隊を提供しています。これには、幅広キャビンを持つ、高速 Gulfstream G150(R)、大型キャビン、飛行距離がミッドレンジのGulfstream G200(R)、新しい大型キャビンを持つ、飛行距離がミッドレンジのGulfstream G250(R)、大型キャビン、飛行距離がミッドレンジのGulfstream G350(R)、大型キャビン、長距離のG450(R)、大型キャビン、超長距離のGulfstream G500(R)、大型キャビン、超長距離のGulfstream G550(R)そして超大型キャビン、超長距離のG650(R)があります。Gulfstream社は、Gulfstream金融サービス部門およびGulfstream Pre-Owned Aircraft Sales(R)(中古航空機の販売)を通して、航空機の所有サービスを提供しています。社員は7つの主要な場所で、9,000人以上います。 www.gulfstream.com の当社ウェブサイトをご覧になってください。詳細およびGulfstream航空機の写真があります。


General Dynamics社はバージニア州のフォールズ・チャーチに本部を置きますが、全世界でおよそ91,200人の社員を雇用します。この会社はビジネス航空、陸および遠征戦闘システム、兵器および軍需品、造船および海洋システム、および情報システムおよび技術のマーケットリーダーです。General Dynamics社に関する詳細は、 www.gd.com をご覧ください。



お問合せ先:
Jeff Miller
Communications
Email: jeff.miller@gulfstream.com
Tel: (912) 965-7372 (office)
Mobile: (912) 224-8222

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事