logo

日立東日本ソリューションズ、ソフトウェア/システム開発向けプロジェクト管理システム『SynViz/SD』を新発売

~プロジェクトの情報共有とボトルネックの見える化を実現~

 株式会社 日立東日本ソリューションズ(本社:宮城県仙台市青葉区本町2-16-10 TEL:022-266-2181(代) 代表取締役社長:菱沼 茂樹)は、ソフトウェア/システム開発におけるプロジェクトの『見える化』をWebベースで実現する『ソフトウェア/システム開発向けプロジェクト管理システムSynViz/SD(シンビズ/エスディー)』の提供を開始致しました。

 近年、企業活動における国際競争は激しさを増していますが、ITの活用は、競争力を決める重要な要素のひとつになっています。したがってソフトウェア/システム開発効率が経営におよぼす影響は多大であり、情報システム開発プロジェクトにおいては『品質・進捗・コスト・リスク』を適切に管理し、開発効率を向上することが求められています。特に、プロジェクトの大規模化・複雑化・短納期化が加速している現在、複数のチームや部署・組織・海外企業との横断的な協力を求められるケースが増加しています。

 今回新たに提供を開始する『SynViz/SD』は、当社がこれまで製造業・建設業を中心としたお客様に提供してまいりました『プロジェクト管理システムSynViz/PJ(シンビズピージェー)』を、ソフトウェア/システム開発プロジェクト管理業務向けに開発し、日立グループ各社の開発プロジェクトで導入・評価した上で、そのノウハウを集約・実装した製品です。
 Web上で、安全なセキュリティ管理のもと、スケジュールに対して担当者が自分の状況を直接入力したり、その情報を他組織や国内外のパートナー企業もすぐに確認できるため、プロジェクトメンバ間で、常にタイムリーな状況共有が可能です。
 また、Web上から、関連する複数のサブプロジェクトを俯瞰して進捗状況を確認できるため、『納期遅延』『開発要員の確保状況や負荷』等がタイムリーに把握でき、ボトルネックやリスクを早期に察知することができます。さらに、ボトルネックに関連する工程については、『懸案管理』一覧を表示して、懸案の重要度/優先度/状況/担当者等の細かな情報開示ができるため、ボトルネックに対する『対応の遅延防止』『先手対応の強化』等、効果的な対応が可能となります。メンバ全員が重要な懸案事項を共有しながらプロジェクトを進めることで、確実な問題解決とプロジェクト遂行が可能になります。

 『SynViz/SD』は、システム開発プロジェクトの成功を通じて、企業の競争力強化と業績向上に貢献致します。 尚、SynViz/SDの販売計画としましては、今後3年間で10億円を見込んでいます。

■SynViz/SDの主な特長
(1)関係部署と合意のとれた日程作成が容易に!
 SynViz/SDを活用することにより、上位日程をベースにした下位日程の作成や下位日程のフィードバックを反映した上位日程の再調整が、Web上で容易にできるため、日程調整の工数削減と組織間の合意形成を実現します。

(2)プロジェクトの標準化を推進!
 企業内で定めている『標準の作業』と、各プロジェクトの『固有の作業』の両方を織り込んだWBSを簡単に作成できる『WBS作成ワークシート(エクセルによる出力)』を提供します。作成したWBSをSynViz/SDに取り込んで新規にプロジェクトを作成したり、既存プロジェクトを部分的に利用してWBSを適用することができるため、計画工数が大幅に軽減します。

(3)作業項目とリンクしたドキュメント管理で進捗管理・情報共有が容易に!
『仕様書』『設計書』『マニュアル』等、各プロセスで作成されるドキュメントをSynViz/SD上の工程や作業項目に紐付けて管理することが可能です。SynViz/SD上で実際のドキュメントを参照しながら工程の進捗状況を確認することができます。また、各ドキュメントの作成状況や進捗の把握も容易です。

当社では、6/23(水)~6/25(金)迄、東京ビッグサイトにて開催の『第21回設計・製造ソリューション展』にSynVizシリーズをはじめとする、ソリューションを出展致します。詳細は、以下、URLをご覧下さい。

●設計・製造ソリューション展:リンク

【DMS出展のご案内】

■出展テーマ:『業績改善プロジェクトショーケース。導入実績1,000社を誇る、可視化と計画のプロフェッショナル!』
■開催日時:2010年6月23日(水)~25日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
■開催場所:東京ビッグサイト
■ブースNo.:東2ホール ブースNo.14-001
■ブース内セッション:ブース内のセッションコーナーにて『プロジェクト管理事例』『在庫適正化の成功事例』『需給計画業務の負荷軽減と精度向上の成功事例』に関するお客様事例をご紹介します。
■主な出展製品:『工程管理ソリューションSynVizシリーズ』『生産計画ソリューション』『在庫可視化・調整ソリューション』


●(株)日立東日本ソリューションズ コーポレートサイト:リンク
●『SynViz/SD』製品紹介ホームページ:リンク
●『SynViz/PJ』製品紹介ホームページ:リンク /
●イベント情報:リンク
●ニュースリリース:リンク

■お問合せ先
【 製品に関するお問合せ 】
(株)日立東日本ソリューションズ 営業本部 :佐藤宏、大沼宗広
〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1 TEL:044(210)1905 【E-Mail】synapse@hitachi-to.co.jp
【 報道機関からのお問合せ 】
(株)日立東日本ソリューションズ 事業企画開発本部 広報担当:村上仁、小野さおり
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-16-10 TEL:022(266)2170 【E-Mail】hto@hitachi-to.co.jp
【ホームページ】リンク

このプレスリリースの付帯情報

タスク別画面例

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事