logo

~エコに関する意識調査~ エコを実践している」82% その理由「節約のため」70%

~エコなイメージの芸能人 第1位はオードリーの春日さん~



住信SBIネット銀行株式会社(URL:リンク、本社:東京都港区、代表取締役社長:田中嘉一、以下「住信SBIネット銀行」という)は、6月の環境月間にちなんで、「エコに関する意識調査」を住信SBIネット銀行を利用する全国の20~60代のお客さま約100,000人に実施し、3,124人より回答をいただきました。

【アンケート結果概要】
■「普段からエコを実践している」82%  60代では90%
普段からエコを実践しているかたは82%でした。その目的をうかがったところ、最も多かった回答は「節約のため」で70%、続いて「環境保全のため」で68%でした。

■エコな取組みNo.1は「不要な電気はこまめに消す」
ご家庭での取組みとして最も多くの人が実践しているのは、「不要な電気はこまめに消す」(85%)でした。2位は「ごみはきちんと仕分けて捨てる」(81%)、3位は「洗剤やシャンプーは詰め替えのものを購入する」(75%)となり、手軽に実践でき、なおかつ節約にもつながる取組みに人気が集まりました。

■エコと聞いて連想する芸能人 第1位はオードリー春日さん
エコと聞いて連想する芸能人第1位になったのはオードリーの春日俊彰さんでした(回答者218人中21人)。その理由をうかがってみると、「ものを無駄にしないから」、「節約を徹底しているから」といった意見が寄せられました。続いて2位は松居一代さん(同14人)、3位は加藤清史郎さん(同13人)という結果になりました。


今回の調査では、実に8割以上のかたが普段からエコを実践していることがわかりました。その理由は「節約のため」が70%で最も多くなり、「環境保全のため」の68%を上回る結果となりました。
多くのかたが実践しているエコ活動の上位に、節約につながる取組みが多く見られたことも、エコの実践が節約目的であることがうかがえます。

※アンケート調査結果詳細はこちらをご覧下さい。
リンク


【アンケート調査概要】
調査期間 2010年5月25日(火)~ 5月28日(金)
調査対象 住信SBIネット銀行を利用する20~60代の個人
調査方法 インターネットアンケート
調査地域 全国
調査実施数 約100,000人(各世代約20,000人ずつ)
回答者数 3,124人
内訳(20代:314人 30代:515人 40代:629人 50代:880人 60代:786人)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。