logo

消費者向けのクラウドコンピューティング

Eメール、文書保管と共有、PC保護、バックアップのウエブベースアプリケーション

クラウドコンピューティングの概念があらわすのは、ローカルのソフトウェアとサービスに代わるウェブベースのアプリケーションの配信によるものであり、遠隔の場所に無制限に文書保管できたり、よく使うソフトウエアアプリケーションによく似たものを提供したりするものである。そのため、消費者はソフトウエアを購入する必要がないかわりに、無料や低価格で接続して、ウエブブラウザ経由で使用することができたり、インターネット接続しているコンピュタさえあればどこからでもコンテンツに接続することができるようになるという価値転換が起きている。また、このようなサービスは、追加料金無しで最新のアプリケーションや最新のアップグレード版を使用することができ、最終的には、大切なデータがハードドライブの故障などの取り返しのつかない損失によって失うことはないという、精神の安定を消費者にもたらす。
この調査レポートは、米国の18-55歳の消費者を対象とした調査から、最も人気のある、あるいは使いたいクラウドコンピューティングアプリケーションを記載している。この調査から、米国の成人消費者は、2009-2015年にはクラウドコンピューティングを受け入れるだろうとABIリサーチは予測している。

【調査レポート】
消費者向けのクラウドコンピューティング:Eメール、文書保管と共有、PC保護、バックアップのウエブベースアプリケーション
Consumer Cloud Computing
Web-based Applications for E-Mail, Document Storage/Sharing, PC Protection, and Backup
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。