logo

フォルダ暗号化に対応した「セキュアポーター Ver.2.0」を5月25日に発売!10日間の無償試用期間付きでダウンロード開始!

株式会社ティエスエスリンクは、お客様から以前よりご要望のあったフォルダ暗号化に対応した「セキュアポーター Ver.2.0」を5月25日に発売しました。

「セキュアポーター」は、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で、暗号化/復号できるソフトウェアです。手間をかけずに手軽にセキュリティ対策を行いたい方におすすめです。
Windows/Mac両OSで同じ暗号化ファイルを扱える利便性や、多言語対応で海外へのファイル送付にも利用できる特長も兼ね備え、幅広い環境でご利用いただけます。

株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:北村佳子、徳島県徳島市、以下TSS LINK)は、お客様から以前よりご要望のあったフォルダ暗号化に対応した「セキュアポーター Ver.2.0」を5月25日に発売しました。

「セキュアポーター」は、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で、暗号化/復号できるソフトウェアです。手間をかけずに手軽にセキュリティ対策を行いたい方におすすめです。
Windows/Mac両OSで同じ暗号化ファイルを扱える利便性や、多言語対応で海外へのファイル送付にも利用できる特長も兼ね備え、幅広い環境でご利用いただけます。

「セキュアポーター Ver.2.0」では、以下の点を強化することで、より使い勝手が向上しました。

□新たにフォルダ暗号化に対応しました。フォルダごとドラッグ&ドロップするだけで、より便利に暗号化できます。
□自己復号形式で暗号化する時に、任意の拡張子を設定できるようにしました。暗号化操作の一環でスムーズに設定できます。実行形式(exe)ファイルのやり取りが禁止されているPC環境とのやり取りに有効です。
□暗号化時にパスワードの確認入力を追加しました。
□処理進捗表示を見直しました。複数のファイル・フォルダをまとめて処理した場合でも、全体の処理進捗がわかるようにしました。

無償で10日間使える試用期間付きプログラムをサイトからダウンロード提供中です。使いやすい操作性を今すぐ体感いただけます。これまでに旧バージョン(Ver.1.1以前)の評価利用が終了している方でも、Ver.2.0で新たに10日間の評価利用ができます。


<製品概要>
■製品名:
「セキュアポーター Ver.2.0」(Secure Porter Ver.2.0)
リンク

■ダウンロード:
リンク

■特長:
1)・ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで暗号化でき、誰でもすぐ使えます。
2)・Windowsでは自己復号型の暗号化ファイルをクリックだけで元に戻せます。
  Macではドラッグ&ドロップで元通りに復号します。
3)・同じ暗号化ファイルをWindows/Mac両OS 上で開けて便利です。
  日本語のファイル名も文字化けせずに相互のOSで利用できます。
4)・多言語対応だから、海外へのファイル送付にも使えます。
  ファイルを利用できる人を限定する、ファイルを開く時にメッセージを表示する、
  などの機能も装備しています。

■価格(税込):
10ライセンス:37,800円 / 100ライセンス:315,000円
※他にもライセンス数に合わせて価格帯を用意しています。
※ベクターで1ライセンスパッケージ(4,830円)をダウンロード販売しています。
 ・Windows用ページ:リンク
 ・Mac用ページ:リンク
※1ライセンス1PCです。(Mac PC、Windows PCごとにライセンスが必要です)

■動作環境:
対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000、Mac OS X(10.6/10.5/10.4)



<TSS LINKについて>
TSS LINKは、デジタル情報を安全に活用するためのソフトウェアやサービスの開発および提供により、誰もが意識せず安心してコミュニケーションできる社会の実現に取り組んでいます。
2008年4月設立  代表取締役社長 北村 佳子 資本金1,200万円。 リンク

<発表に関する報道関係からのお問い合わせ先>
営業部 E-mail:pb@tsslk.jp
TEL:03-6420-0581 または 088-602-0170、FAX:03-5759-5521 または 088-602-0172
ニュースリリースページ:リンク

<製品に関するお客様からのお問い合わせ先>
営業部 E-mail:pb@tsslk.jp
TEL:03-6420-0581 または 088-602-0170、FAX:03-5759-5521 または 088-602-0172
製品紹介ページ:リンク


*本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名は、それぞれ帰属者の登録商標または商標です。

関連情報
http://sp.tsslk.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事