logo

Veraz Networks社およびDialogic社、合併の最終的合意を発表

Montreal, May 19, 2010 - (JCN Newswire) - 双方向モバイル動画サービスおよびアプリケーションを実現する先駆的企業のDialogic Corporationと、帯域幅最適化および次世代スイッチング製品の大手プロバイダのVeraz Networks(NASDAQ:VRAZ)は、合併の最終的合意を締結したことを、本日発表しました。

Montreal, May 19, 2010 - (JCN Newswire) - 双方向モバイル動画サービスおよびアプリケーションを実現する先駆的企業のDialogic Corporationと、帯域幅最適化および次世代スイッチング製品の大手プロバイダのVeraz Networks(NASDAQ:VRAZ)は、合併の最終的合意を締結したことを、本日発表しました。


クロージング後、合併後の企業名はDialogic社となり、電気通信サービスプロバイダおよび企業市場向けの通信製品およびサービス分野の、グローバル大手となる予定です。合併後企業は、取締役会長兼最高経営責任者としてNick Jensen (Dialogic社現取締役会長および最高経営責任者)、および社長兼最高執行責任者としてDoug Sabella (Veraz社現社長兼最高経営責任者)が指揮し、本社は米国カリフォルニア州サンノゼとなります。


「全世界のモバイルネットワークの容量は着実に拡大してきたものの、将来的には、グローバル・モバイル・データと動画トラフィックのかつてないほどの成長により、さらに大きなネットワーク需要が起きるでしょう。」と、Dialogic社取締役会長兼CEOのNick Jensenは述べました。「Dialogic社の持つ音声および動画向けアプリケーションイネーブルメントに関する実績ある専門知識と、Veraz社の音声、データ、セッション制御、セキュリティ、および伝送分野でのリーダーシップをひとつにすることで、お客様が、3G/4Gネットワークで動画、音声およびデータの利点を引き出すことができるような、革新的な製品を持つ企業を作り上げてまいります。」


フォーチュン2000社の80%以上と、世界各国のサービスプロバイダは、Dialogic社のアプリケーション対応技術に依存しており、それによりDialogic社は、無線および有線ネットワークにおける高品質動画の実現で、トップを走る企業となっています。現在、80か国以上130社以上のサービスプロバイダにとって、運用および資本コストを低減しつつ、高品質音声およびデータサービスを提供するために、IPの能力を活用する上で、Veraz社の次世代スイッチングおよび回線容量最適化製品とサービスは欠かせないものとなっています。


「Veraz社とDialogic社の合併により、サービスプロバイダにとって真にミッションクリティカルなサプライヤとなるような、製品ポートフォリオとリソースを持つ期待に満ちた新企業が生まれます。」と、Veraz Networks社社長兼CEOのDoug Sabellaは述べました。「Dialogic社が弊社とパートナーを組むことを決めたことで、Veraz社の直接的グローバルフットプリントと、Dialogic社のチャネルの組み合わせにより、大規模でグローバルな到達度とリソースを持つ企業が誕生します。それにより、顧客からの信頼を更に高めることができます。」


2社の合併とそれに続く統合の後の、年間ベースで、(購買アカウンティング規則に準じた損益調整分と、取引関連コストおよび一時費用を除いた後の)合併後企業の売上高は2.50億米ドル以上となり、粗利益は売上高の60~65%、EBITDAは10~15%となる見込みです(金利・税・減価償却・分割償還・株補償費用を引き、運用コスト・シナジーによる期待分を含めた後の収益)。合併後企業は、多様な顧客ベースを持つ予定ですが、顧客集中化は生じません。


両社の取締役会により満場一致で承認された合意条件の下、Veraz社は、Dialogic社の各株主に普通株を発行します。それにより、取引のクロージング後に、Dialogic社株主は合併後企業の約70%、Veraz社株主は約30%を所有することになる予定です。買収合意についての詳しい情報をご覧になりたい関係者の皆様は、このリリースの日付またはその前後にVeraz社により提出された書式8-Kの文書を参照してください。取引は2010年後半にクローズ予定で、規制当局の承認、株主の承認、および慣例上のクロージング条件の対象となります。


Veraz社は現在NASDAQに上場しており、合併後企業の株も引き続きNASDAQにて取引される予定です。合併後企業は、業務コストシナジーにより恩恵を受ける見込みで、補完的な製品ポートフォリオを結合し、すでに確立されているグローバル販売および流通チャネルを最適化することで、収益シナジーの実現も期待されます。


Jefferies & Company, Inc.はDialogic社の専任投資顧問として、Pagemill Partners社はVeraz社の専任投資顧問として活動します。


Veraz Networks社およびDialogic社は、米国東部標準時2010年5月13日8:30に、投資家向けの電話会議を開催します。この会議内容にも将来予想に関する情報が含まれます。合併に関するインターネット配信とプレゼンテーションは、Veraz社ウェブサイト( www.veraznetworks.com )の「Investor Relations(投資家向け広報)」セクションに掲載予定です。米国およびカナダの皆様は、1-800-860-2442から電話会議にご参加ください。その他の国の皆様は、+1-412-858-4600から会議にご参加ください。


インターネット配信アーカイブは、90日間ご利用可能です。電話会議の通話内容の録音も、会議の2時間後から2日間、お聞きいただくことができます。米国およびカナダから録音を聞くには、1-877-344-7529におかけになった後、パスコード60000#を入力してください。その他の国の皆様は、+1-412-317-0088をおかけになった後、パスコード60000#をご入力ください。


Dialogic社について
Dialogic Corporationは、ネットワーク・サービス・プロバイダおよびエンタプライズ通信ネットワーク向けの、革新的なモバイル、動画、IP、TDMソリューションを可能にするような、世界クラスの革新的なオープン規格ベース技術を提供する大手企業です。Dialogic社のお客様やパートナーが、世界各国で付加価値のあるソリューションを迅速に展開する際には、Dialogic社の柔軟性の高い最先端コンポーネントが欠かせません。


Dialogic社についての詳しい情報は リンク にあります。また、その他のDialogic社のニュースや最新情報およびパートナー・アプリケーション・デモは、ソーシャル・ネットワーク・コミュニティのDialogic Exchange Network (DEN)( www.dialogic.com/den )に参加するか、Facebook、Twitter、YouTubeページにアクセスすれば、ご覧いただけます。


Dialogicは、Dialogic Corporationの商標です。


Veraz社について
Veraz Networks, Inc.(NASDAQ:VRAZ)は、Multimedia Generation Network(MGN)へ進化可能なアプリケーション、制御、帯域幅最適化製品の大手プロバイダです。世界各国のサービスプロバイダは、現在のアプリケーションスイートを拡大し、収益向上や顧客維持に役立つカスタマイズされたマルチメディアサービスを迅速に追加するために、Veraz MGNポートフォリオを使用しています。Veraz MGNでは、ネットワーク管理を一元化しつつ、制御、メディア、アプリケーション層を分割していますので、サービスプロバイダの運用効率が向上します。VerazView Management System60か国以上の有線および無線サービスプロバイダが、ControlSwitch(TM)、ネットワーク対応ボーダコントローラ、I-Gate 4000メディアゲートウェイ、VerazView管理システム、一連のプリパッケージアプリケーションなど、Veraz MGNポートフォリオの製品を展開しています。同社についての詳しい情報は www.veraznetworks.com をご覧ください。


このプレスリリースには、リスクと不確実性を伴う将来の出来事についての、将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。お読みになる際には、これらの将来予想に関する記述が予測に過ぎず、実際の将来の出来事や結果と大きく異なる場合があることにご注意ください。潜在的なリスクと不確実性には、特に、取引がクローズしないかクロージングが延期される可能性、企業合併により期待されるシナジーがクロージング後にも達成されない可能性、合併後の業務統合の成功が適切なタイミングで行われない可能性、予測どおりの収益、粗利益および営業利益が達成されない場合、どちらかの企業が営業する地域の全般的な経済状況がそれぞれの事業に悪影響を与える可能性、Veraz社またはDialogic社がもう一方の企業の財務・ビジネス・競争力などの要因により悪影響を被る可能性などがあります。Veraz社の業績が、将来予想に関する記述により明示または黙示された内容から、著しく異なる原因となるその他のリスクと不確実性については、SECに提出または供与したVeraz社の文書にさらに細かく記述されていますが、その他のリスクや不確実性も存在します。これらのリスクと不確実性や、Veraz社のビジネスに影響を与えうる他のリスクについて詳しくは、SECに提出した2009年12月31日締めのVeraz社年次報告書(書式10-K)の「リスク要因」に記述されています。この文書は、SECにより運用されているウェブサイト( リンク)からご覧いただけます。このプレスリリース中のすべての将来予想に関する記述は、発行日時点にDialogic社が入手できた情報に基づいており、Dialogic社は将来予想に関する記述を更新する義務を負わないものとします。


お問合せ先:
Kristen Perry
Dialogic
Tel: +1 (973) 967-6665
Email: kristen.perry@dialogic.com


Jill Colna
SVM Public Relations
Tel: +1 (401) 490-9700
Email: jill.colna@svmmarcom.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事