logo

マイクレル社、POL(Point-of-Load)機器向け高速LDOファミリーを拡大

Yokohama, May 18, 2010 - (JCN Newswire) - 米アナログ、高帯域通信、イーサネットICソリューションの業界のリーダーである米国マイクレル・セミコンダクタ社の日本法人マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(以下:マイクレル社、横浜市西区みなとみらい 代表取締役社長:山本一博)は、本日、最低1.0Vの入力電圧に対応する0.5A高速超低損失レギュレータULDO(TM)、MIC47050を発表した。

Yokohama, May 18, 2010 - (JCN Newswire) - 米アナログ、高帯域通信、イーサネットICソリューションの業界のリーダーである米国マイクレル・セミコンダクタ社の日本法人マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(以下:マイクレル社、横浜市西区みなとみらい 代表取締役社長:山本一博)は、本日、最低1.0Vの入力電圧に対応する0.5A高速超低損失レギュレータULDO(TM)、MIC47050を発表した。MIC47050は、低電圧大電流電源用途用に、複数の電源レールを利用する機器のメリットを活かすように設計されている。このデバイスは、POL (point-of-load)、DSP、PLD、PDA、FPGAおよびノイズ除去と安定確保を目的とした低電圧ポストレギュレーション機器に最適である。MIC47050は現在量産品の発注が可能で、2mm x 2mm MLFRパッケージで提供され、価格は1,000個で$0.62から。


「新型POL(point-of-load)機器の多くは、主入力電源レールに1.8Vを使用しつつ、低電圧プロセッサとマイクロコントローラのコアに、1.25V~0.5Vの出力電圧を提供するようになってきている。」と、マイクレル社ポータブル製品グループ事業部長Andy Khayat氏は述べた。「マイクレル社の新型デバイスの低い入力電圧性能により、システム設計者は効率の高いソリューションを利用できる。」


MIC47050のNMOS出力端子には、マイクロプロセッサ、DSP、FPGAに必要な、突然の負荷変動に迅速に対応できる独自機能があり、最大0.5Aの出力電流を供給しながら安定性確保にはわずか1uFのセラミック出力コンデンサで済む。動作電圧範囲は、入力電源1.0V~3.6V、バイアス電源2.3V~5.5V、最大負荷時のドロップアウトはわずか44mVである。出力電圧範囲は0.4V~2.0Vで、PSRRは1kHzで55dB以上である。このICはまた、設計者向けに、初期精度±1.5%、過熱時±2%の高い出力電圧検出精度を提供している。MIC47050は小型の2mm x 2mm MLF(R)パッケージで提供されるので、基板面積の制限の厳しいお客様に最適である。このICの接合部動作温度範囲は、-40℃~+125℃である。


注:MLFはAmkor Technology社の登録商標である。


新製品の画像データはこちらから入手可能。
リンク


製品詳細、データシートはこちらから入手可能(英文)。
リンク



概要: マイクレル・セミコンダクタ


マイクレル社はグローバルな半導体サプライヤーとして、アナログ、イーサネット、広帯域通信に使用されるICソリューションを世界市場に提供している。同社製品には最先端のミクスドシグナル製品、アナログ製品、パワー半導体、高性能通信用スイッチ、クロック管理スイッチ、イーサネット・スイッチおよびPHY製品がある。ユーザーにはエンタープライズ、民生、工業、モバイル、通信、自動車、コンピューター製品などの有力メーカーが含まれる。本社と最先端のウエハ-製造設備は米国カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジア全域に地域販売代理店とカスタマーサポートの拠点、先端テクノロジーのデザインセンターがある。さらにマイクレル社は世界に広範な流通販売網と代表事務所を保持している。詳しい情報は リンク から入手可能。



お問合せ先:


マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14F
TEL:045-224-6616
FAX:045-224-6716
E-mail:info14@micrel.co.jp
ホームページ: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。