logo

ATENジャパン、Interop Tokyo 2010にIT機器リモート管理ソリューションで出展

INTEROPで考える、クラウド時代だから求められる省力化とセキュリティ

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、来る2010年6月9日(水)~11日(金)に幕張メッセにて開催される国内最大級のネットワークテクノロジー総合イベント「Interop Tokyo 2010」へ出展致します(ブースNo.4G11)。本年は『クラウド時代だから求められる省力化とセキュリティ』をテーマに、IT機器管理やリスク(危機)管理にも有効な、リモートアクセス統合管理ソリューションをご提案致します。
今回の出展では、電源のリモート管理も含めたIT機器統合管理ソリューションの実機展示、そしてステージプレゼンではアナログタイプとデジタルタイプのリモートアクセスソリューションをご紹介致します。

 主な出展内容
1.運用管理のリモート統合ソリューション
リモート機能に対応した Over the Net 製品に代表される「ALTUSEN」製品(KVMスイッチ、シリアルコンソールスイッチや電源管理)と、それらを統合管理するソフトウェア【CC2000】をご紹介いたします。クラウド時代に最適な新機能を搭載した新バージョンの機能をご紹介いたします。

2.NOCスペースの効率化を実現マトリックスKVMスイッチ
大規模サーバー群を監視管理しているNOCに最適な、Cat5タイプKVMスイッチのニューモデル【KMシリーズ】。様々なシーンでの活用の仕方をご紹介します。

3.見える化を実現するセンサー対応の電源のリモート管理
サーバーラックの省スペース化と見える化を支援する0UタイプのインテリジェントPDU【PNシリーズ】を参考出品致します。
その他、日本ノーベル株式会社の【UnitPorter】との組み合わせによる新たなソリューションもご紹介します。

用語解説

ATENとは
ATEN International Co,. Ltd.は台湾に本社を置き、北米、欧州、アジア各国の複数の拠点でワールドワイドにビジネスを展開しているKVMスイッチメーカーです。主要製品であるKVMスイッチをはじめとし、映像関連製品、USB関連製品、各種インターフェースコンバータ等、コンピューター・サーバー周辺装置の開発、製造、販売を一貫した自社体制で行っています。SOHO~ミドルレンジのATENブランドKVMスイッチは世界トップクラスのシェアを誇り、ハイエンドブランドALTUSENシリーズは各国を代表する企業、公共/教育機関において数多く採用されています。

ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。日本のユーザーニーズにあったサービスを提供することで、KVMスイッチ市場の更なる拡大を目指します。

本リリースの内容に関するお問い合わせ 
ATENジャパン株式会社     
リリース担当:栗田、田中
TEL :03-5323-7170
MAIL:press@atenjapan.jp
受付時間:9時30分~18時(土・日・祝日および弊社休業日を除く)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。