logo

ISID、クラウドサービスのラインアップ拡充、本格展開開始―ブランド名称は「CLOUDiS」、コンサルティングから運用までワンストップで提供―

Tokyo, May 13, 2010 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、昨年10月1日にクラウドコンピューティングビジネス推進の専任部署としてクラウドビジネス推進室を設置し、積極的にクラウドサービスの拡充を図ってまいりました。

Tokyo, May 13, 2010 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、昨年10月1日にクラウドコンピューティングビジネス推進の専任部署としてクラウドビジネス推進室を設置し、積極的にクラウドサービスの拡充を図ってまいりました。


今般、クラウドビジネスの推進を一層強化すべく、4月1日付でクラウドビジネス推進室をクラウド事業推進センターに改称し、人員増加による体制強化を図るとともに、サービスメニューのさらなる拡充を行いました。ISIDが開発し、製造業の製品開発業務への適用で多くの実績があるプロジェクト管理パッケージ「Q-style」のSaaS版、「Q-aaS(キュー・アース)」を8月末にサービス開始予定です。


また、ISIDのクラウドソリューションのブランド名を「CLOUDiS(クラウディス)」といたしました。ISIDは、コンサルティングから基盤構築、アプリケーションの運用まで、クラウドに関わるトータルサービスをワンストップで提供いたします。


■ISIDのクラウドソリューション「CLOUDiS」■


クラウドでコストパフォーマンスの高い、効率的な業務システムを構築するには、お客様企業の課題や業務特性に応じて最適なクラウド環境やサービスを選択し利用することが重要です。また、場合によっては複数のクラウドや自社内環境を組み合せて構築することが必要になります。


ISIDは、お客様企業のユーザ部門、システム部門、経営者といった様々な立場におけるビジネス上の課題を見極め、的確なクラウド環境を選択し、組み合せ、課題解決に最適なクラウドソリューションを提供します。


ISIDのクラウドソリューションのブランド名「CLOUDiS」は、「(お客様にとって最適な)クラウドとは…」(=CLOUD is…)を常に追求し、提供していくISIDのクラウドサービスの在り方を表しています。


■「CLOUDiS」を構成するサービスメニュー■


(サービス種別) コンサルティング
- IT戦略立案支援、システム化計画立案支援
企業の経営戦略に基づいたIT戦略立案のプロセス、今後の情報システム部の役割等、客観的な視点で企業が目指すべき目標と課題を設定し、課題解決に向けたシステム化計画の策定を支援する。


- IT資産棚卸、評価
企業が保有するIT資産を洗い出し、棚卸を実施する。基盤を構成するシステムの利用頻度、運用費用を確認の上、評価し、継続、統合、移行、廃止案の策定を支援する。これにより、クラウド化によるコスト削減効果等を評価する。


- クラウド化 コンサルティング
企業が自社のIT資産をクラウド化するための戦略立案を支援する。


(サービス種別) クラウドSI/SO
- プライベートクラウド構築/運用サービス
プライベートクラウド環境を設計、構築、運用する。


- ハイブリッドクラウド構築/運用サービス
プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせ、最適なクラウド環境を設計、構築、運用する。


- パブリッククラウド上での構築/運用サービス
AmazonAWS、Force.com、WindowsAzure、Google App Engine等、パブリッククラウドのPaaS、IaaS環境を用いた設計、構築、運用を行う。


(サービス種別) SaaS
- Q-aaS
プロジェクト管理パッケージ「Q-style」のSaaS版(2010年8月末提供開始予定)※詳細は以下ご参照


- BusinessACXEL for SAP ERP
アジア初のSAPクラウドサービス
様々な業種・業態に対応し、販売管理から会計に至る基幹業務をサポートするERPシステム(2010年4月提供開始)


- SalesForce.com
営業支援、顧客管理を実現するクラウド型サービス(2009年12月提供開始)


- IntraLinks Exchange
インターネット上で、機密情報をセキュアに共有・管理するサービス(2006年6月提供開始)


- DMAP
Web上でのブランドサイト構築や大規模メール配信等のデジタルマーケティングを支援するプラットフォーム(2004年7月提供開始)


■Q-aaS(キュー・アース)■


ISIDが開発し、製造業の製品開発業務への適用で多くの実績があるプロジェクト管理パッケージ「Q-style」のSaaS版。


「Q-aaS」は、製造業における設計業務プロセスを見える化することで、設計プロセスの質を改善し、効率化するプロジェクト管理ツールです。企業内、企業外を問わずプロジェクトメンバー間の情報共有を可能にすることで、コミュニケーションを促進し、協業作業を支援します。設計開発プロジェクトの計画作成から進捗報告まで、マウス中心の操作で簡単に日程計画表を作成することが可能です。利用者の目的に応じて必要な情報を即座に表示することができ、海外拠点や提携企業とのコラボレーションなど、さまざまな用途に活用することができます。


ISIDは、今後も人事業務、マーケティング業務、会計業務、経営分析ツール等、SaaSにより提供するアプリケーションのメニューを拡充していきます。


■プライベートクラウド構築/運用を支援するワンストップサービス■


ISIDでは、「CLOUDiS」で提供するサービスを拡充するため、2009年6月に資本・業務提携した株式会社ビットアイル(以下、ビットアイル)との協業体制を強化し、お客様企業へのデータセンター機能の提供だけでなく、プライベートクラウド構築基盤やSaaS基盤としてビットアイルのサービスを活用していきます。


ビットアイルのデータセンターは、都心中心部の好立地、高スペックのファシリティ、広帯域のネットワークといったプライベートクラウド基盤に適した条件を保有しています。またビットアイルは、サーバ等のハードウェアの調達に強みをもっており、お客様企業の既存のIT資産の活用から、新規のクラウド基盤構築まで、最適なクラウド環境を提供することが可能です。


また、運用・保守については、ISIDグループ会社である株式会社ISIDアドバンストアウトソーシングが、ITILをベースにした最新のマネジメント手法により、24時間365日のシステム稼働による安定したサービスを提供いたします。


ISIDグループとビットアイルとの協業により、ITコンサルティングから基盤構築、アプリケーションの運用まで、クラウドに関わるトータルサービスをワンストップで提供いたします。


【関連プレスリリース】
『株式会社ビットアイルとの資本・業務提携に関するお知らせ』
URL: リンク


『ISID、クラウドコンピューティングビジネスに参入』
―専門組織を新設し、既存ソリューションのクラウド化、独自サービスメニューを順次提供―
URL: リンク


<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,320人(2010年3月31日現在)
連結売上額: 611億5,500万円(2010年3月期) 
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。


*本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
ビジネスイノベーション本部
クラウド事業推進センター 稲葉
TEL: 03-6713-6127
E-Mail: g-cloud-info@group.isid.co.jp


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室
広報担当 森、李、入佐
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。