logo

米国の携帯事業者のトラフィック

Verizon Wireless、AT&T、Sprint、T-Mobile

2009年、AT&Tのネットワークに関する問題は、大きくマスコミの報道をにぎわしたが、モバイルデータネットワークトラフィックは最高ではない。この調査レポートは、Verizon Wireless、AT&T、Sprint、T-Mobileやすべての米国キャリアの組合せによる、モバイルデータトラフィックを促進する要因をそれぞれ分析している。事業者毎の総データデバイスと総データ活用デバイス、事業者毎とデバイスタイプ毎のデータ消費などの、携帯事業者のデータトラフィックレベルの数値を記載している。
分析しているデバイスは、下記の通り。


●携帯端末: スマートフォン、高度携帯電話、ローエンド携帯電話、超低価格帯携帯電話

●外付けモデム:PCカード、USBモデム、3G/Wi-Fiルータ

●コンピュータ機器:ノートPC、ネットブック、MID、スマートブック

●家電:モバイルゲーム機、モバイルメディアプレーヤ、モバイルデジタルスチールカメラ、モバイルデジタルカムコーダ(ビデオカメラ)、ネット接続型ナビゲーションデバイスなど(ほとんどのモバイルEリーダー)


この調査レポートは、セグメント毎の実際のデータデバイス配信などの、携帯電話会社の事業用と消費者向けのモバイルネットワークデータトラフィックレベルを数値化している。AT&Tのネットワークの問題の詳細を分析し、モバイルデータネットワークトラフィックを促進する大きな要因の分析と、携帯事業者への勧告をも記載している。


【調査レポート】
米国の携帯事業者のトラフィック:Verizon Wireless、AT&T、Sprint、T-Mobile
US Mobile Operator Traffic Profiles:Verizon Wireless, AT&T, Sprint, T-Mobile
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。