logo

韓国の技術企業は、世界のスマートグリッド市場に大きなインパクト

米国の調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「韓国のスマートグリッド市場調査:スマートパワーグリッド、消費者、交通、再生可能エネルギー、電力サービスの市場分析と予測」のプレスリリースにおいて、韓国のスマートグリッドインフラ投資額は2009-2016年に158億ドルになるとの予測結果を発表しました。

近年、韓国の主要な技術企業は開発や幅広い革新的な製品の輸出で成功しており、韓国は世界の技術のハブ(中心地)としてよく知られるようになってきた。韓国政府は、電力の安全性や経済成長の持続、環境への影響の削減のために、各私企業と提携して、国内の発電、配電、電力消費の転換を図る新しいスマートグリッド戦略の最先端にいる。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「韓国のスマートグリッド市場調査:スマートパワーグリッド、消費者、交通、再生可能エネルギー、電力サービスの市場分析と予測 - Smart Grid in Korea: Smart Power Grid, Consumers, Transportation, Renewable Energy, and Electricity Service: Market Analysis and Forecasts」は、これらの政府の後押しによって、韓国のスマートグリッドインフラ投資額は2009-2016年に158億ドルとなる見通しで、世界の輸出市場を大きく下支えするだろうと予測している。


「革新の最先端にある韓国の技術会社は、情報通信技術である。彼らは現在、韓国と世界の両方のスマートグリッド市場で、大きな主導的役割を果たしている。これらの韓国企業は、再生可能エネルギーや分散発電源の利用によって発電や配電の効率を改善する、高度なスマートグリッドインフラを作り出す新しい分野に技術を傾注することで、電気自動車向けの交通インフラなどの開発にも乗り出すだろう」とパイクリサーチ社のアナリストAndy Bae氏は語る。


パイクリサーチ社は、配電の自動化や伝送のアップグレード、変電所の自動化と再生可能エネルギーの管理システムによって、韓国のスマートグリッド市場のビジネスチャンスは、今後数年間非常に拡大するだろう。スマート計測と電気自動車管理システムも、そこまでではないがかなり多くな応用分野となるだろうと予測している。


この調査レポートは、韓国市場のスマートグリッド技術とアプリケーションを詳細に分析している。韓国政府の政策環境と経済発展目標、技術と標準、電力消費者の主要アプリケーション、主要企業の戦略を調査している。済州島の実証プロジェクトの詳細なケーススタディと、2016年までの韓国のスマートグリッドアプリケーションの市場予測も記載している。



【調査レポート】
韓国のスマートグリッド市場調査:スマートパワーグリッド、消費者、交通、再生可能エネルギー、電力サービスの市場分析と予測
Smart Grid in Korea : Smart Power Grid, Consumers, Transportation, Renewable Energy, and Electricity Service: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事