logo

EMC、業界経験豊かなジェレミー・バートンを主席副社長 兼 チーフ・マーケティング・オフィサーとして迎える

マサチューセッツ州ホプキントン発 - 2010年3月15日

EMCコーポレーション(NYSE略号:EMC、以下EMC)は、本日、IT業界で20年以上もの経験を有するジェレミー・バートンがEMCの主席副社長兼チーフ・マーケティング・オフィサーに就任したことを発表しました。バートンは、EMCのマーケティング活動に関する、グローバルなストラクチャ、戦略、その執行を指揮する責任者となります。



バートンの直属の上司は、EMCの会長 兼 CEOであるジョー・トゥッチとなります。この発表に際して、トゥッチは次のように述べています。「EMCには、人材、ビジョン、テクノロジー、そしてパートナーシップがあります。これらすべてが、クラウド・コンピューティングと呼ばれる、IT業界がこれまで経験したことがない変革とチャンスに最も重要な役割を果たすことになると信じています。ジェレミーのソフトウェア業界における長年の経験とマーケティングにおけるリーダーシップにより、EMCの経営陣はより強化されるに違いありません。私達は彼がEMCの知名度を世界的に高め、EMCの国際的な評価とブランドを確立し、さらに、セールス・チームとパートナー・エコシステムの成功を実現させて、EMCに貢献してくれることを期待しています」。




42才のバートンは、社長 兼CEOの要職にあったSerena Software社を辞してEMCに移りました。バートンはかつて、Symantec社のセキュリティおよびデータ管理担当グループ・プレジデントとして、20億ドルのエンタープライズ・セキュリティ製品ラインアップを統括していました。この役職に就く前は、VERITAS社のデータ・マネージメント・グループ担当上級副社長の地位にあり、企業のバックアップおよびアーカイブ製品を担当し、VERITASのチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)を務めました。それ以前、バートンは10年近くOracle社に勤務し、プロダクト・マーケティング担当上級副社長に就任しました。



「EMCは、私のキャリアを通して、すばらしいパートナーであるとともに手ごわい競争相手なのです」とバートンは述べました。「お客様の “Journey to the private cloud”を促進する、というEMCの戦略、そして、経験豊かで高い評価を受けているEMCの経営陣が、私の移籍を決心させた主な要因でした。EMCのメンバーとして皆様のご期待にお応えしたいと思います」。


当資料は、2010年3月15日に米国で発表されたニュース・リリースの抄訳です。米国で発表されたニュース・リリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。



リンク



◆EMCコーポレーションについて

米国EMCコーポレーションは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーです。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWeb サイトをご参照ください。
リンク



◆本件に関するお問い合わせ先

EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com




EMCは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。