logo

OKIデータ、「CO2排出量ゼロ工場」における排出権初年度分の無効化処理を完了

Tokyo, Mar 29, 2010 - (JCN Newswire) - プリンティングソリューションのOKIデータは、このたび、2009年10月1日より開始しているグローバルなカーボンオフセット活動「CO2排出量ゼロ工場」の初年度分のCO2排出量の無効化処理をおこない、オフセットを完了しました。本事業は、環境省カーボン・オフセットモデル事業に採択されています。

Tokyo, Mar 29, 2010 - (JCN Newswire) - プリンティングソリューションのOKIデータは、このたび、2009年10月1日より開始しているグローバルなカーボンオフセット活動「CO2排出量ゼロ工場」の初年度分のCO2排出量の無効化処理をおこない、オフセットを完了しました。本事業は、環境省カーボン・オフセットモデル事業に採択されています。

弊社は、2009年10月より2013年3月までプリンタ・複合機を生産する全自社工場において、削減努力を行った上でどうしても排出される CO2をカーボン・オフセットによりゼロとする「CO2排出量ゼロ工場」の取組みを進めています。対象となる工場は、福島事業所、タイのOKIデータマニュファクチャリング、中国の沖電気実業(深セン)有限公司プリンタ事業部の3工場です。

今回は、初年度(2009年10月1日-2010年3月31日)の3工場からのCO2排出量5,616トンの無効化処理をおこないオフセットを完了しました。当初、次の3案件(中国の水力、インドの風力およびケニヤの高効率かまど)をサティスファクトリーインターナショナルより取得し、オフセットする予定でしたが、同社により契約に基づくクレジットのデリバリーがなされなかったため(注1)、より信頼性の高い国連認証の発行済みCERを代替取得しオフセットすることといたしました。

下記2つの案件について、2010年3月26日に日本政府の管理口座への移転申請を行いました。

(1)Xinjiang Mayitasi Wind Farm Project(排出権の種類:CER 3,650トン、内 2,772トンを取消し、878トンを償却を目的とする。国連登録番号:2031)(2009年1月2日にUNFCCCに登録済み、2010年1月21日に発行済みのCER)

(2)6.75 MW Small Scale Grid Connected“Wind Electricity Generation Project”by Tamil NaduNewsprint and Papers Limited(排出権の種類:CER 1,966トン、全て取り消しを目的とする。国連登録番号:1053)(2007年5月25日にUNFCCCに登録済み、2007年7月に発行済みのCER)

なお、ケニヤ等での高効率かまどプロジェクトについては、温室効果ガス削減以外のメリットが多く、また開発途上国の持続可能な開発に寄与することからプロジェクトの進捗を確認しながら支援していく予定です。OKIデータは、引続きカーボン・オフセットの取組みを進めると共に、排出権の無効化処理については半期毎にウェブサイト上で公表してまいります。

注1: 株式会社サティスファクトリーインターナショナルからのお知らせは下記リンクを参照 リンク

この件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKIデータ 広報部
電話: 03-5445-6164


概要: 沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。