logo

2016年には電動二輪車は4億6600万台に

パイクリサーチ社が電動二輪車の市場動向や技術動向の分析、主要関連企業、2016年までの市場予測を掲載した「電動二輪車市場調査:電動自転車、モペッド、スクーター、オートバイ - Electric Two-Wheel Vehicles : Electric Bicycles, Mopeds, Scooters, and Motorcycles: Market Analysis and Forecasts」を出版

この数年間、自動車の電動化が大きな注目を集めているが、電気自動車とは別に、電動二輪車にもより一層大きなビジネスチャンスがあると考えられている。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「電動二輪車市場調査:電動自転車、モペッド、スクーター、オートバイ - Electric Two-Wheel Vehicles: Electric Bicycles, Mopeds, Scooters, and Motorcycles: Market Analysis and Forecasts」は、電動自転車、オートバイ、スクーターなどの製品カテゴリーの販売数は、今後数年間急速に成長するだろうと予測している。電動自転車、電動オートバイ(電気オートバイ)、電動スクーター(電気スクーター)は、2010-2016年に世界で4億6600万台を上回るだろうとパイクリサーチ社は予測している。


「電気二輪車市場の力強い成長は、人口的な要因と経済的な要因の両方に支えられている。このような乗り物が経済成長を促進するような国々もあり、幅広い消費者行動の転換が起こる国々もある」と、パイクリサーチ社のアナリストDave Hurst氏は語る。


Hurst氏は、アジア太平洋諸国、特に中国は、世界の電動二輪車市場を独占し、今後6年間は販売の95%以上を占めるだろうと予測している。電動自転車が56%を占める最大の市場であり、電動オートバイが43%、電動スクーターはわずか1%であるだろう。


パイクリサーチ社の分析によれば、最大の課題は電動二輪車の販売チャネルが確立していないことである。多くのメーカーは、乗物とアフターサービスを顧客に提供する独立系の小売店、量販店、オンライン販売のよりよい組み合わせを見いだすための努力を続けている。


この調査レポートは、電動自転車、電動オートバイ、電動スクーターの世界市場を調査している。バッテリー技術、主要なビジネスチャンスと市場課題、市場発展の牽引要因を検討し、各カテゴリーの2016年までの詳細な予測と、主要な企業のプロフィールを記載している。


【調査レポート】
電動二輪車市場調査:電動自転車、モペッド、スクーター、オートバイ
Electric Two-Wheel Vehicles : Electric Bicycles, Mopeds, Scooters, and Motorcycles: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク
 
◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]