logo

景気回復期にも力強い成長を見せる住宅向けのエネルギー効率化市場

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が米国内の住宅向けエネルギー効率化製品とサービス市場を調査した「エネルギー効率のよい住宅の市場調査:住宅向けエネルギー効率化、グリーンビルディング、技術と認定、家庭向けエネルギーオーディット、ユーティリティと政府によるエネルギー高効率化プログラム、高効率家電とシステム - Energy Efficient Homes:Residential Energy Efficiency Retrofits, Green Building Techniques and Certification, Home Energy Audits, Utility and Government Energy Efficiency Programs, and Efficient Appliances and Systems」を出版

近年、米国の新築住宅販売数が減少し、住宅改修市場が減速して、多くの住宅向け製品やサービスの分野のビジネスが大幅にダウンしている。しかし、住宅向けのエネルギー効率化のための製品やサービスの成長が、不況からの脱却の見通しを見せ始めていると、米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社は報告している。この分野には、低エネルギー化のための住宅改修、高効率化のための製品、家庭のエネルギー監視システムなどがあり、新しい大きな収益を生み出し、多くの新しい仕事を派生する可能性がある。

「エネルギー効率化は、長期の不況期に光を投げかけている。エネルギー効率のよい製品やサービスは、今後数年間、高い注目を集める多くの要因が集中している。その促進要因としては、消費者の環境意識の高まり、政府のイニシアチブ、電力会社の効率化プログラム、メーカーの新しい製品やリベートなどがある」と、パイクリサーチ社の常務Clint Wheelock氏は語る。

パイクリサーチ社は、米国の住宅向けエネルギー効率化の主要なカテゴリーの成長要因として、下記の項目に注目している。

●家庭のエネルギー監視ビジネスは、次世代の家庭のエネルギー効率化を示す力強い指標である。この市場は、2009-2014年に81億ドルから234億ドルまで約3倍の規模になるだろう
●低エネルギー化のための改築(リフォーム)市場は、2009-2014年に383億ドルから502億ドルまで増加するだろうと予測している。このカテゴリには、電気系統、家電、主要機器、HVACシステムのアップグレードや、屋根、窓、ドアの交換などがある
●エナジースター認証(Energy Star、日本の省エネラベルに相当)を受けた冷蔵庫や洗濯機は、通常通りのビジネスシナリオにおいても、2009-2014年に219億ドルの収益を生み出すだろう。これらの高性能家電の普及を織り込んだシナリオでは、さらに113億ドル追加となるだろうとパイクリサーチ社は見積もっている

この調査レポートは、住宅向けのエネルギー効率化製品とサービスの米国市場を調査している。新築と改築の両市場の、住宅向け製品と家電、住宅のエネルギー評価、電力サービスを分析し、5年間の市場予測と、主要な企業のプロフィールを記載している。

【調査レポート】
エネルギー効率のよい住宅の市場調査:住宅向けエネルギー効率化、グリーンビルディング、技術と認定、家庭向けエネルギーオーディット、ユーティリティと政府によるエネルギー高効率化プログラム、高効率家電とシステム
Energy Efficient Homes : Residential Energy Efficiency Retrofits, Green Building Techniques and Certification, Home Energy Audits, Utility and Government Energy Efficiency Programs, and Efficient Appliances and Systems
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]