logo

Android携帯向け、“ARアプリケーション” 「TravelCamerAR(トラベルカメラ)」β版を発表

株式会社フューチャースコープ 2010年02月15日 14時30分
From PR TIMES

Android(R)携帯向け、“AR(仮想現実)アプリケーション”
二ヶ国語対応の「TravelCamerAR(トラベルカメラ)」β版を発表
実証実験開始に伴う地方都市、商店街、中小企業も募集開始



 株式会社フューチャースコープ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:冨永 政雄)の研究開発(R&D)プロジェクトチームは、“AR(拡張現実)インターフェイス”を持つ、Andoroid(R)携帯向けアプリケーション、「TravelCamerAR(トラベルカメラ)」β版を2010年2月15日(月)より「Androidマーケット」にて公開致します。
 また、β版公開に伴い、“AR(拡張現実)アプリケーション”導入による効果測定と利便性向上を目的とした、屋外実証実験にご協力頂ける地方都市、商店街及び、中小企業の募集も開始致します。

 R&Dプロジェクトチームでは、“AR(拡張現実)アプリケーション”の実証実験と提供コンテンツの開発をiPhone(R)及びAndroid携帯向けに開始しており、TravelCamerAR(トラベルカメラ)β版の公開は、本取組みの第一弾となります。この度公開させて頂く、β版では、サーバを活用したネットワーク機能は使わず、Android携帯本体に情報を蓄積し、利用感や改善要求を利用者から広く募集致します。
 利用者から頂いた要求を改善すると共に、2010年夏までにiPhone対応版を、2010年秋には、ネットワーク機能を有したオープンβ版(Android携帯向け)の発表を行う予定しております。

 実証実験にご協力頂く、地方都市、商店街、中小企業から、観光情報、公共交通機関の運行状況、宿泊情報、飲食店情報、製品、サービス情報のデータをご提供頂き、当社にて“AR(拡張現実)アプリケーション”に情報の移植を行います。また、外国人観光客向けに、飲食店のメニューや観光情報の英語化を当社で代行し、英語情報の移植を行うことで、外国人旅行者の来店促進を目指します。
また、“AR(拡張現実)アプリケーション”を実装したAndoroid(R)携帯の貸し出しも検討しております。

【TravelCameAR(トラベルカメラ)β版に関して】
1.表示言語: 日本語&英語
2.「TravelCameAR(トラベルカメラ)の詳細情報は、以下URLよりご覧頂けます。
「TravelCameAR(トラベルカメラ)β版情報: リンク
「TravelCameAR(トラベルカメラ)β版動画情報: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]