logo

太陽光発電を初期負担0円、故障時の追加出費0円、17年間の正味負担0円で! 懐の痛まない、長期安心の太陽光発電サービス『03 Solar life』グランドオープン!

RAUL株式会社 2010年02月04日 10時00分
From DreamNews

太陽光発電を初期負担0円、故障時の追加出費0円、17年間の正味負担0円で! 懐の痛まない、長期安心の太陽光発電サービス『03 Solar life』グランドオープン!
***********************************
環境ビジネスコンサルティング会社RAUL株式会社が支援する
サステナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山口勝洋)
の運営する新サービス『03 Solar life』のグランドオープン致しました
リンク
リンク
※今回の新サービスの企画/システムの開発にRAUL株式会社はご協力致しました
***********************************

<サービスの特徴>
本サービスは、お客さまにこれまでどおりの電気代と同じ額を17年間
(太陽光発電システムの法定耐用期間)お支払いいただくことにより[1]、初期負担0円、
故障時の追加出費0円、17年間の正味負担0円にて太陽光発電システムをご提供するものです。

これまでの一般的な方法であるローンを利用して太陽光発電システムを購入した場合、
金利分も含めた投資回収には法定耐用期間を超える20年以上かかると言われてきました。
更に「太陽光発電システムのメンテナンスは必要ない」とされてきましたが、
実はメーカー保証の切れる10年が経過した発電システムの内、17%が故障等により
発電能力を喪失もしくは減少していることが最近の調査で明らかになっています[2]。

この修理費用の追加支出により、投資回収が更に伸び、最悪の場合は回収が不可能となることも想定されます。
本サービスでは、有利な仕入れや独自の効率化によるコストダウン、保守対応の仕組み化、
修理費用の平均化・効率化によるリスク回避、といった工夫により、お客様の17年間の正味負担0円で
太陽光発電システムのご提供を実現しました。お客さまは17年の契約期間に、
これまでどおりの電気代と同額をお支払いいただくことによって、家計の懐を痛めることなく、
太陽光発電システムを取得することができます。更に契約終了後の18年目以降は
年間8万円程度の経済的メリットが見込めます[3]。

この「0コスト」化によって、太陽光発電という「0エミッション」のエネルギーを広め、
循環を表す「0」に象徴されるこれからの社会の実現を目指して、
このサービスを『03 Solar life』と名付けました。

サービス開始と同時にセルフチェックポータル(リンク)もオープンします。
本サイトでは、太陽光発電システムを設置する地域や屋根についてのデータを入力することで、
お客さまが本サービスを利用した際のメリットをシミュレーションすることが可能です。

<本件に関するお問い合わせ>
サステナジー株式会社 大藪までお願いします。
TEL:03-5475-5277

[1] 太陽光発電に関する補助制度の関係で、17年の間に収支の上下がありますが、17年間で見ると、従来通り電気代を支払うのとほぼ同等の収支になります。
[2] 産業技術総合研究所太陽光発電研究センター「'PVRessQ!'第一次報告(2006-2008年度)」によります。
[3] 購入する電力の減少による支出削減や余った電力の売電による収入増加。

■会社概要 RAUL株式会社 リンク
住所:〒160-0005 東京都新宿区愛住町11-1 グラン四谷ビル1F
資本金:3,000 万円 代表取締役:江田健二
 1.CSR/環境メディアの企画/構築/運営    
 2.排出権(カーボンオフセット)/グリーン電力関連商品の開発/販売
 3.環境ビジネス/CSRコンサルティング  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。