logo

GCTI研究所、KDDIへクラウドを導入 ~社内システムとして、Just-iS「ワークフロー」を採用いただきました。~

株式会社 GCT研究所 2010年01月26日 00時00分
From PR TIMES

GCTI研究所、KDDIへクラウドを導入
~社内システムとして、Just-iS「ワークフロー」を採用いただきました。~

株式会社GCT研究所(東京都千代田区、代表取締役社長:岡部 摩利夫、以下GCT研究所)は、
KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼会長:小野寺 正、以下KDDI)に対し、
SaaS型業務アプリケーション「Just-iS」を用いたワークフローを導入したことを発表します。

KDDIは、au携帯電話の新ブランド「iida」の発表や、UQコミュニケーションズ株式会社による
ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」の提供開始など精力的な事業展開をする中で、
増大する社内システムへの新規開発・仕様変更の申請プロセスの効率化、及び進捗状況の見える化を図るため
2009年9月よりワークフロー「Just-iS」の導入プロジェクトを開始し、12月に運用開始しました。

GCT研究所が提供する「Just-iS」は、ERPをメインとした業務システム全般を、完全Web対応でサービス提供するアプリケーションです。
SaaS提供により、特別なハードウェア等を用意することなく、少ない初期投資で必要な分だけ月額課金でサービスが利用できます。

また、「Just-iS」はGCT研究所が提唱する設計理論GOA(*1)に基づき開発されているため、
柔軟性が高く、業務にあわせたシステムを短期間に構築でき、
その後の仕様変更も容易に行える事が大きな特徴です。
今回のKDDI向けワークフロー導入も、3週間弱で完了しております。

KDDIは今後、ワークフロー「Just-iS」の利用者を増やし、
適用範囲の拡大も予定。さらなる効率化を目指していきます。

(*1)GOA(GYOMU Oriented Architecture)
GOA紹介ページ: リンク

※文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

●GCT研究所について

GCT研究所は、これまでのERPパッケージ開発のノウハウを生かし、
2003年から次世代ERPの研究をスタートし、2006年に設立致しました。
GCTは「GYOMU Control Technology = 業務統制技術」。
日本語の「業務」を国際語の「GYOMU」として定着させたいと考え、
これまでの常識とは全く異なる新たなドメインを創設し、日本から世界に発信する事を使命としています。

・製品に関する問い合わせ
株式会社 GCT研究所
営業本部 
担当: 池戸・川口
Tel: 03-5821-6464
Mail: info@gcti.co.jp

●関連リンク
株式会社 GCT研究所 ホームページ リンク
Just-iS紹介ページ リンク
KDDI、Just-iS導入事例インタビュー リンク 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。