logo

EMCジャパン、重複除外ソリューション「Avamar」の新バージョンを発表 最大99.8%のデータ量を削減する重複除外技術とVMwareとのAPI統合が仮想データセンターのデータ保護課題を解決

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:諸星 俊男、URL: リンク )は、本日、データ重複除外バックアップ・ソリューション「Avamar(アバマー)」の最新版5.0及び同製品を搭載したアプライアンス・サーバである「Avamar Data Store Gen3」を12月9日より販売開始することを発表しました。
「Avamar 5.0」では、VMwareの最新のクラウドOSである「vSphere 4」のvStorage API*1との統合により、仮想マシン丸ごとのバックアップ・リストアをGUIから簡単に指定・設定・実行できるようになりました。バックアップの課題を抱えるユーザーに対して、最大99.8%データ量を削減できる重複除外技術がサーバ統合時に課題となるバックアップの負担を軽減します。また、ストレージ容量を1ノードあたり最大3.3 TBまで対応可能として優れた拡張性を獲得、さらに、バックアップ・クライアント側での重複除外ソリューションで初めて、重複除外後のデータを安価なテープに保管可能とするなど、先進の機能を数多く備えています。
*1) API=アプリケーションをプログラムするにあたって、プログラムの手間を省くため、簡潔にプログラムできるように設定されたインターフェースの事

「Avamar」の特徴
従来のバックアップ手法を仮想マシンのバックアップに適用する際の課題として、ハードウェアへの負荷が取り上げられてきました。サーバのリソースによっては、仮想マシンのパフォーマンスが低下したり、物理マシンのCPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどのコンポーネントに大きな負荷を与えたり、バックアップの処理時間が許容範囲を超えてしまうことも頻繁でした。
「Avamar」の重複除外はバックアップ・クライアント側で実行され、変更のあったブロック・データのみをバックアップすることで、一般的なフル・バックアップと比べて、毎日のネットワーク・リソース消費を500分の1まで削減します。またバックアップの負荷を、最大でも従来の2%にまで低減し、バックアップ時間を大幅に削減します。加えて、重複除外の際に、VMDK(仮想マシン・ディスク・フォーマット)内の細かい差分データ発見に有効な手法である、可変長*2のブロック・データを用いるため、次のような劇的なメリットがもたらされます。
*2) 可変長=区切りを固定せずにデータを細分化するため、データのサイズが固定されない事

・重複除外によりデータの移動量が最大で99.8%削減されることで、バックアップ時間を10分の1に短縮。
・重複除外によりストレージの使用率が95%減少し、CPU使用率も大幅に低減。
・すべてのバックアップを仮想フル・イメージとして保存するため、複数の差分イメージをリストアする場合よりもリカバリを迅速に実行。
・新機能はAvamarクライアント・エージェント、アプリケーション・モジュールを含め、すべて無償で提供されるため、仮想マシンを追加しても、ライセンス費用を一切気にする必要がなく、柔軟な仮想環境の増強が可能。
製品詳細:
● 「Avamar 5.0」ソフトウェア
「VMware vCenter Server」との統合により、VMwareのバックアップの一元的な管理が可能になりました。VMware仮想環境と仮想マシンを検出し、マシン同士の繋がりやオペレーティング・システムといった仮想マシンの特性を自動的に表示します。自動表示された情報を使用して「Avamar」のGUIから仮想マシンの重複除外バックアップを管理することができます。VMware「vSphere 4」では、「VMware Consolidated Backup」(VCB:イメージ全体レベルのバックアップとリカバリ)と似た機能を提供する「vStorage API」と連携することにより、仮想サーバ経由で仮想マシンのイメージバックアップが可能となります。従来のVCBバックアップと異なり、物理サーバを別途用意する必要がありません。VMDKイメージをProxy(代理)マシン上に展開する必要がないため、これまで以上に効率的なバックアップが可能となります。また、「Avamar 5.0」ソフトウェアは、Microsoft SQL Server 2008およびOracle 11gといった主要データベースの最新バージョンのオンライン・バックアップに対応しました。
● 「Avamar Data Store Gen3」
アプライアンス・サーバのハードウェアを一新し、インテルXeon 5500シリーズを採用したことにより、従来製品と比較して消費電力を10%削減しました。これまで1TBか2TBだったストレージ容量をノードあたり最大3.3 TBに増強したことにより、システムあたり最大52.8 TBの拡張性を実現しました。これは、一般的なバックアップのストレージと比較し、最大で数ペタバイトに相当する容量です。また、ネットワーク・スイッチとNIC*3を2重化したことにより、ネットワークの単一障害点がなくなり、信頼性が向上しました。
*3) NIC=ネットワーク・インターフェース・カードの略
● Avamar Data Transport
「Avamar」で重複除外されたデータを、安価で長期保存に適したテープ・メディアにエクスポートできる新機能です。業界で初めて、クライアント側で重複除外を行うソリューションで重複除外データをテープに保管することが可能となりました。この機能は無償で提供され、一般的なテープ・バックアップが必要とするテープ本数と比較し、最大98%のテープを削減することができます。
製品写真:
リンク
販売方法および価格:
販売方法:EMCジャパンおよびEMCのVelocity パートナーより提供されます。
販売価格:「Avamar Data Store Gen3」3,435,000円 (税込み)~(最小構成:容量1TB)
製品の詳細については以下をご覧ください。
Avamar : リンク
Avamar Data Store: リンク
EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク
本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail:japanpr@emc.com

EMCは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事