logo

特定保健用食品に期待している効果は「コレステロール値」「体脂肪」の抑制。認知率は89.7%、購入経験率は47.8%(クロス・マーケティング調べ)

「特定保健用食品」に関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20~69歳の男女を対象に、「特定保健用食品」に関する調査を実施いたしました。

■調査背景・目的
近年、消費者の健康に対する意識が高まり続けている中、「特定保健用食品」の許可(承認)品目は急速に増え続けています。本調査は、消費者の「特定保健用食品」に関する意識や、購買実態を明らかにすることを目的に行いました。また、今回の調査では自己体型を客観的に評価してもらい、自己評価体型別での特定保健用食品への関与やイメージを探りました。



■調査結果トピックス
・普段の生活の中で、健康を意識して行っていることは「野菜を多く摂るようにしている」が最多。
・特定保健用食品の認知率は89.7%、購入経験率は47.8%。『肥満型』の購入経験率が高い。
・特定保健用食品から想起する商品は「茶系飲料」、「食用調理油」
・特定保健用食品のイメージは「価格が高い」(47.6%)、「長期間使い続けないと効果が現れない」(30.9%)。

・客観的に評価した自分自身の体型は『肥満型』が42.7%、『やせ型』は17.0%。
自分を『肥満型』を意識している男性では50代(52.4%)、女性では30代(46.5%)が最も多い。

・特定保健用食品に期待している効果は「コレステロール値」「体脂肪」の抑制。『肥満型』は「体脂肪を付きにくくする」(63.3%)が他の層と比べて最も高い。『やせ型』は「歯を丈夫にする」「虫歯予防」「ミネラルの吸収を助ける」が他の層より高くなっている。

 ◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒リンク



■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象:全国20~69歳の男女  
調査期間:2009年11月9日(月)~2009年11月10日(火)
有効回答数:1,200サンプル(人口構成比に基づいて割付)


【株式会社クロス・マーケティングについて】
株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。



【会社概要】
 会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
 所在地   :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
 設立    :2003年4月1日
 公開市場 :東証マザーズ(証券コード:3629)
 代表者   :代表取締役社長 五十嵐 幹
 事業内容 :ネットリサーチ事業 Webマーケティング事業


◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:鷲野(わしの) TEL : 03-3549-0222 FAX : 03-3549-0221
E-mail pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。