logo

IPアドレスフィルタなどを追加したログインIDとパスワードを共通化するためのサーバ「ユグドアスカイゲートサーバ R-4」を発表

どのサイトからでも1つのID、パスワードでログインできる仕組みに加え、IPアドレスベースで他の不正なアクセスをブロックするための機能などを追加した「ユグドアスカイゲートサーバ R-4」を2009年12月17日にリリースします。

株式会社ユグドア(埼玉県所沢市、代表取締役社長:伊藤琢晃)は、
2009年12月17日(木)に、IPアドレスフィルタなどの新機能を追加した
ログインIDとパスワードを共通化するためのサーバ
「ユグドアスカイゲートサーバ R-4」を発表いたしました。
リンク


●IPアドレスフィルタ

クライアントがユーザIDとパスワードを入力した時のIPアドレスを記録し、
各サービスへログインするときに本人確認情報として使用するオートモードと、
あらかじめ設定画面でIPアドレスもしくはネットワーク情報を入力することで、
ユーザIDとパスワードを入力する段階から不正なアクセスをブロックする
マニュアルモードを搭載しました。


●ID予約機能

ユグドアスカイゲートではサービスごとにログイン時、自動的にIDが割り当てら
れます。通常はこれで十分ですが、例えば特定のサービスの管理画面でもユグド
アスカイゲートを使用する場合、IDを事前に設定し、そのIDからのみ接続を受け
付けたいという場合を想定し、事前にIDを作成するための機能を搭載しました。


●認証ログ

スカイゲートを利用したときに処理の流れがわかるようにログ機能を追加しました。
また不正アクセスなどについても記録するようになりました。



■ユグドアスカイゲートのコンセプト
――――――――――――――
ユグドアスカイゲートは「さようならログインフォーム」をコンセプトとし、
共通のログインID、パスワードでさまざまなサービスにログインできる仕組みを
提供するプロジェクトです。


■ユグドアスカイゲートの構造
――――――――――――――
●ユグドアスカイゲートのプロトコルですが、Pop before SMTPに近いものかも
しれません。
ユーザがユグドアスカイゲートサーバにアクセスし、認証を行うと、ログイン
先のサービスのみが、IDを取得できる準備をします。
その後、一定時間内にサービスがアクセスをすることでIDを取得することができ
ます。

●IDはサービスごと(IPアドレスごともしくはドメインごと)に変化します。
当然ユーザごとに一意に割り当てられます。

●これらの処理は全て標準的なHTTP,HTTPSによるやりとりなので、CGIやXMLの
知識があれば、サービスへ簡単に導入が可能です。

●どのサーバでもログインサーバになることができるよう、プロトコルの公開、
ユグドアスカイゲートサーバやツールバーのソースプログラムをBSDライセンスで
公開しております。



■株式会社ユグドアとは
――――――――――――――
2001年4月伊藤琢晃が個人事業主として当初はホームページ制作サービスを開始。
2008年5月法人化。

株式会社ユグドア

[会社概要]
代表取締役:伊藤 琢晃
所在地:埼玉県所沢市寿町21-12-707
資本金:3,000,000円
ウェブサイト:
リンク (日本語)
リンク (英語)


■本件の連絡先
――――――――――――――
株式会社ユグドア
担当:伊藤 琢晃(イトウ タクミツ)
webmaster@yggdore.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。