logo

株式会社ティエスエスリンクは、USBデバイス用セキュリティシステム「セキュアポーター for USB Pro Ver.2.1」を12月14日に発売しました。

Ver.2.1では、WordやExcelなどの利用アプリケーション(以下アプリケーション)を起動せずにそのままファイルを復号して保存することが可能になりました。これにより、アプリケーションを起動してから保存しないと復号できなかった操作性が解消され、アプリケーションに保存機能がない場合でも復号が可能になり、使い勝手が向上しました。

株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:北村佳子、徳島県徳島市、以下TSS LINK)は、USBデバイス用セキュリティシステム「セキュアポーター for USB Pro Ver.2.1」を12月14日に発売しました。
Ver.2.1では、WordやExcelなどの利用アプリケーション(以下アプリケーション)を起動せずにそのままファイルを復号して保存することが可能になりました。これにより、アプリケーションを起動してから保存しないと復号できなかった操作性が解消され、アプリケーションに保存機能がない場合でも復号が可能になり、使い勝手が向上しました。
製品をご利用中のお客様にはアップデートモジュールを無償でご提供します。

本製品は、USBデバイスを一元管理して、USBデバイスの不正利用を防止する情報漏洩対策ソフトです。管理者が許可したUSBデバイスのみ利用でき、未許可のUSBデバイスは利用できないようにコントロールできます。USBデバイスの利用履歴やファイルの操作履歴はログ記録され、万が一の時にはファイルトレースに利用できます。また、USBデバイスの自動実行(オートラン)をサーバ側で強制的に停止し無効化できるので、USBデバイス経由で感染するオートランウィルス対策にも有効です。
オプションでファイル暗号化機能も用意しています。USBデバイスにコピーされたファイルを強制的に暗号化し、ファイル編集後は自動で再暗号化することで、安全性をさらに高めます。


[製品概要]

■製品名:
「セキュアポーター for USB Pro Ver.2.1」

■特長:
1)USBデバイスをサーバで一元管理して個別に認証します。管理者が許可しないUSBデバイスの利用を禁止します。
2)USBデバイスの利用履歴やファイルの操作履歴をログ記録し、USBデバイスの不正利用を把握できます。
3)USBデバイスの自動実行(Autorun)をサーバで強制的に停止して無効化でき、USBデバイス経由で感染する「オートラン」ウィルス対策にも有効です。
4)USBデバイスにコピーしたファイルを強制的に暗号化します(オプション機能)。ファイル編集後の上書き保存で自動的に再暗号化します。復号ファイルも残さずファイルの安全性をさらに高めます。

■製品構成:
1)サーバプログラム
 ・デバイス管理サーバ
 ・デバイス管理サーバツール
2)クライアントプログラム
 ・デバイス制御ツール
 ・デバイス情報取得ツール
 ・復号ツール
 ・レスキューツール

■動作環境:
・サーバ対応OS: Windows Server / CentOS / Ubuntu
・クライアント対応OS: Windows 7 / Vista / XP Professional / Home
※詳細はWebをご覧ください リンク

■価格(税込):
・基本パッケージ525,000円+1PCライセンス4,200円~ ※保守費が別途必要です
・暗号化オプション:1PCライセンス3,150円~ ※保守費が別途必要です
※ライセンス数に応じてボリュームディスカウントを用意しています。


■ティエスエスリンクについて
ティエスエスリンクは、デジタル情報を安全に活用するためのソフトウェアやサービスの開発および提供により、誰もが意識せず安心してコミュニケーションできる社会の実現に取り組んでいます。
2008年4月設立  代表取締役社長 北村 佳子 資本金1,200万円。 リンク

■発表に関する報道関係からのお問い合わせ先
営業部 E-mail:pb@tsslk.jp
TEL:03-6427-0422 または 088-602-0170、FAX:03-5456-6432 または 088-602-0172
ニュースリリースページ:リンク

■製品に関するお客様からのお問い合わせ先
営業部 E-mail:pb@tsslk.jp
TEL:03-6427-0422 または 088-602-0170、FAX:03-5456-6432 または 088-602-0172
製品紹介ページ: リンク

*本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名は、それぞれ帰属者の登録商標または商標です。

関連情報
http://sp.tsslk.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。