logo

リモートラジオヘッド

モバイル無線とセルラーインフラを変えるもの

リモートラジオヘッド(Remote Radio Head、小型の屋外型の無線部)は、現在新設される基地局にとって最も重要なサブシステムのひとつである。リモートラジオヘッドは基地局のRF回路と同時にアナログ/デジタルとデジタル/アナログの変換器やアップ/ダウンコンバータを含んでいる。また、操作や管理機能もあり、他の基地局と光インターフェース標準によって接続することもできる。LTEとWiMAXが展開するとき、これは現実のものとなるだろう。リモートラジオヘッドは、MIMO操作をより容易にし、BTSの効率を上げ、適用範囲のギャップなどの物理的な位置をより容易にするだろう。リモートラジオヘッドは、GaN RF電源デバイスやRRH RFPAのエンベロープトラッキング技術などの最新のRF部品技術に利用されるだろう。
この調査レポートは、BTS市場(基地局向け市場)におけるラジオヘッドのシェアの拡大について調査している。2009-2014年の出荷数と収益を無線インターフェース毎に予測し、ASP(平均価格)やベンダーシェアも記載している。

【調査レポート】
リモートラジオヘッド:モバイル無線とセルラーインフラを変えるもの
Remote Radio Heads:How They Will Change Mobile Wireless and Cellular Infrastructure
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。