logo

様々な業種に特化した中小規模企業向けクラウドサービスを開始

-仮想PC、アプリケーション、携帯電話との連携機能、サポートデスクをワンパックで提供-

 株式会社日立情報システムズ(執行役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、様々な業種に特化し、必要なPC環境、アプリケーション、携帯電話との連携機能、サポートデスクをパックにした中小規模企業(以下 SMB)向けクラウドサービスを、2010年1月より開始いたします。

 近年の長引く景気低迷の影響により、企業を取り巻く経営環境は大きく変化し、SMBでは、よりスピーディーな経営判断とコスト削減が求められています。こうした背景から、日立情報は強みとする仮想化技術、SaaS構築技術、データセンタ運用技術などを活用し、様々な業種に特化したクラウド型のサービスを開始し、SMBの業務に必要なIT環境を低コスト・短期間で提供します。


 本サービスは、特定の業務に必要なITインフラ一式を低コスト・短期間で提供するクラウド型のサービスです。SMBの事業・業務に適した各種アプリケーションを仮想PCにバンドルし、バックアップ、バージョンアップ、セキュリティ対策などのメンテナンスサービスも加えて、業務に集中できる快適なIT環境を提供します。また、携帯電話のメールから仮想PC内の情報を更新・参照できるため、PC操作が困難な外出先や作業現場から、現場の情報(撮影した写真など)を携帯電話で登録することも可能です。これにより、作業負荷の軽減だけでなく、現場作業者との情報共有、重要事項の伝達漏れ防止など、業務効率の向上も実現できます。
 さらに、本サービス専用のサポートデスクも用意しますので、情報システム部門を持たない企業でも安心して利用可能です。


 日立情報では本サービスをシリーズ化し、様々な業種に特化させたパックを順次発売してまいります。その第一弾として、設備業・工事業向けパック「現場見え~る」と、訪問介護業向けパック「訪問見え~る」を、2010年1月より提供を開始します。また、自社販売に加え、地域のSMB市場に詳しいパートナー(地域のITコーディネータなど)による紹介販売も行います。既にパートナーの協力を得て、長野地区でトライアル版の提供を開始しています。


 今後、日立情報ではパートナーとの連携によりSMBのITニーズを吸い上げ、サービスメニューの拡大に努めるとともに拡販を進め、2012年度(2013年3月末)までに10,000ユーザの獲得を目指します。
 なお、本サービスは、2009年12月8~9日に開催予定の「SaaS World / Tokyo 2009」リンクへ出展予定です。


■関連サイト:中小企業向けクラウドサービスリンク


*記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。