logo

プリントエレクトロニクスの銀インクと銀ペーストの収益は、2016年に36億ドル

米国市場調査会社、ナノマーケット社が薄膜アプリケーションと新規アプリケーション向けの銀インクと銀ペーストの市場を調査した「銀インクと銀ペースト市場調査:市場動向、アプリケーション、2016年までの予測 - Silver Inks and Pastes: 2009 to 2016」を出版

米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「銀インクと銀ペースト市場調査:市場動向、アプリケーション、2016年までの予測ーSilver Inks and Pastes: 2009 to 2016」は、太陽光発電やディスプレイ、ソリッドステート照明(固体照明)、RFID、センサ、従来の厚膜などの電子デバイスに使用される銀インクと銀ペーストの8年間の予測を行っている。この調査レポートは、銀インクと銀ペーストの収益は2016年に36億ドルを上回るだろうと報告している。

【主要な調査結果】

ナノマーケット社が前回のレポートを出版して以来、銀の価格は約2倍になっている。銀が印刷導体(プリント導体)として不動のものである一方で、急速な銀価格の高騰で、RFIDタグやその他の使い捨て製品などのような、ローエンドの製品に影響があるかもしれない。一方、ナノマーケット社は、このような価格の問題によって、ナノシルバーインクメーカーは、これまでの銀インク製品に代わる、より信頼性の高い製品群を提供するというビジネスチャンスを再びつかむことになるだろうと報告している。

アプリケーションの領域では、見た目の美しさや照明のエネルギー効率を高めて利用することを推進している規制によって、市場におけるOLED照明(有機発光ダイオード照明)の役割が重要性を増してきており、印刷用電極と母線(バス)に使用する銀インクの需要が拡大している。水晶シリコンソーラーパネル業界では、より一層の薄膜化が進んでおり、基板がよりもろくなっているために、ナノシルバーの非接触でのインクジェット印刷による金属化が最適であり、薄膜太陽光発電による銀インクの需要は高まるだろう。また、最近問題になってきているスマートグリッドの動向にも注目し、発電や蓄電を容易に分散化するためにコンデンサ(キャパシタ)や厚膜銀のような部品がより大量に必要となるだろう。

【この調査レポートについて】

この調査レポートは、従来の厚膜アプリケーションと新しい用途の両方の、銀インクと銀ペーストの市場を分析し、予測している。銀インクの市場を、タイプ毎とアプリケーション毎に、量と金額の両面から8年間の予測を行っている。市場の背景にある課題や不確実性、価格や性能の面での銀インクの改良、主要な素材、利益を生み出しコスト効率のよい利用分野、製造戦略を明確にしている。

調査対象とした銀インクと銀ペーストの主要企業は、Advanced Nano Products (ANP)、Bayer Material Science、CIMA NanoTech、Creative Materials、DuPont、Ferro、Harima Chemical、Henkel Electronics、InkTec、Methode Development Company、NanoDynamics、NanoMas、NovaCentrix、Parelec、Sigma Technologies、Sun Chemicalなどである。

【調査レポート】
銀インクと銀ペースト市場調査:市場動向、アプリケーション、2016年までの予測
Silver Inks and Pastes: 2009 to 2016
リンク

◆ナノマーケット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事