logo

「2009年 -気になるクチコミとクチコミの法則-」イベントをデジタルハリウッド大学院大阪キャンパスで開催

-----------------------------------------------------------------
    デジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス
      『インターネットマーケティング研究室』
         設立記念イベント 第一弾
   「2009年 -気になるクチコミとクチコミの法則-」
     日時:2009年12月15日(火) 19:00~21:00
 会場:デジタルハリウッド大学大学院大阪キャンパス(大阪市北区)
-----------------------------------------------------------------




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院大阪キャンパス(大阪市
北区西天満 学長 杉山知之 以下本学)では、本学客員教授である塩見正春氏主宰による「イン
ターネットマーケティング研究室」(以下研究室)を設立いたしました。
 インターネットの可能性が、ほぼ出揃った感がある昨今、今後の課題はテクノロジーの進化では
なく、間違いなくマーケティングの視点です。
 広告業界においては、テレビCMの時代は終焉を迎え、4大マス媒体が機能しなくなり、益々ネット
上でのプロモーション戦略に期待が高まっています。
 その鍵を握るのが新しいコミュニティ手法であったり、ネット上でのメディアミックスであると
考えられております。
 そのような状況下、本研究室では当面の研究テーマを「ソーシャルメディア」とし、中でも
「クチコミを科学する」をキーワードに、クチコミが起こる条件や状況を徹底的に調査・研究、
さらに実験をしていくことを主目的に活動する予定です。
 またそれに伴いクチコミを共同研究していくためのパートナー企業も広く募集していきます。

 そしてこのたび、本研究室の設立を記念し、12月15日(火)に「2009年-気になるクチコミとク
チコミの法則-」と題したセミナーを開催します。
 つきましては、当セミナーに、万障お繰り合わせの上、ご参加並びにご取材いただけますよう
お願い申し上げます。
 取材ご希望の方はEメールにてお申し込みください。
 (デジタルハリウッド広報宛 press@dhw.co.jp)。


【セミナー概要】
「2009年 -気になるクチコミとクチコミの法則-」

■日時:2009年12月15日(水) 19:00~21:00 (開場18:30)

■内容:
2009年にはどの様なクチコミが発生し、どの様な法則があったのでしょうか?またクチコミを
活用した販売促進にはどの様なポイントがあるのでしょうか?また、クチコミを活用してモノ
を販売促進していくには、どの様なポイントがあるのだろうか?などなど、クチコミが発生す
る条件や状況などを、2009年の気になる事例も交えて、発表します。

1.我々が考える「クチコミ」の定義
2.「クチコミ」が起こる条件
3.「クチコミ」事例と「クチコミ」のパターン

など。

■場所:デジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス
    大阪府大阪市北区西天満6-5-17 デジタルエイトビル
    (アクセス) 「J R /大阪駅」・「各線/梅田駅」から徒歩10分
           「地下鉄/南森町駅」から徒歩7分
    リンク

■定員:100名

■参加料:一般2,000円

■主催:デジタルハリウッド大学大学院 インターネットマーケティング研究室

セミナー詳細はこちら : リンク


【研究室 概要】
インターネットが持つ創造的な技術や概念と、それに対応した人間の心理・行動を研究対象
とし、時代時代に即したインターネット上での広告・宣伝・販売を中心とした企業・行政
などの事例を研究すると供に、常に企業・行政などに研究結果をフィードバックできる要素
をプランニングしていく実践的な研究組織として活動していく。

室長:塩見 政春
(デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科デジタルコンテンツ専攻 客員教授)

発足日:2009年11月2日

活動目的:ソーシャルメディアに関わる研究全般

・Twitterなどのコミュニティ型メディアのビジネス活用研究
・iPhone、Googleアンドロイドなど、次世代携帯アプリケーション研究
・HTML5など、次世代HTMLの対応研究
・その他、研究員が興味関心を示し、インターネットマーケティング研究室が相応しいと判断した研究テーマ





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事