logo

火災予防に「レシート広報」

~スーパーなど29店舗のレシートに住宅用火災警報器の設置促進PRを掲載!~

箕面市消防本部では、火災による死者をなくすための切り札として、住宅用火災警報器の普及促進に努めています。
この取り組みのひとつとして、市内のスーパーや物品販売店舗などに啓発への支援を依頼したところ、市内29店舗において協力を得ることができ、現在、無償で「レシート広報」を実施していただいておりますのでお知らせします。

住宅用火災警報器は、火災による死者をなくすための切り札として、平成16年に法制化され、新築住宅は平成18年6月から、既存住宅は、箕面市では平成23年5月末日までに設置することとしており、箕面市消防本部では、普及促進に向けてさまざまな取り組みをおこなっています。
現在、「秋の全国火災予防運動」に合わせて広く市民のみなさまに住宅用火災警報器の設置をPRしていくため、市内のスーパーや物品販売店舗など29店舗において、無償で「レシート広報」を実施していただいています。
市民のみなさまに身近な「小さなメディア」を活用し、火災予防につなげていきたいと考えています。

◆概要
期間:11月1日(日)から11月30日(月)まで ※一部店舗で期間変更の場合あり。

掲載メッセージ:
例1「住宅用火災警報器を設置しましょう!」
例2「住宅用火災警報器を設置しましょう! 悪質訪問販売にご注意を!」
例3「大切な命を火災から守るため住宅用火災警報器を設置しましょう!」
例4「火災の早期発見で被害の拡大を防ぐ住宅用火災警報器を設置しましょう!」
※ 以上の文案から、店舗のレシートレイアウトに合わせて選択します。


問い合わせ先
消防本部 予防課 
電話 072-724-9994
ファクス 072-724-3999

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。