logo

パイプドビッツ、ASP/SaaS型CRM市場メール送信分野のベンダーシェアNo.1に選ばれました

「データベースの銀行」をビジョンに掲げる株式会社パイプドビッツは、株式会社アイ・ティ・アールが2009年10月8日に発行したリポート「ITR Market View:CRM市場2009」において、2008年度ASP/SaaS型CRM市場メール送信分野のベンダーシェアNo.1に選ばれました。
「データベースの銀行」をビジョンに掲げる株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長:佐谷宣昭)(リンク)は、株式会社アイ・ティ・アール(以下「ITR」)が2009年10月8日に発行したリポート「ITR Market View:CRM市場2009」において、2008年度ASP/SaaS型CRM市場メール送信分野のベンダーシェアNo.1に選ばれましたのでお知らせいたします。当社のベンダーシェアは33.5%でした。
(出典:ITR 「ITR Market View:CRM市場2009」2009年10月発行)
■「ITR Market View:CRM市場2009」について
ビジネスとITに関する問題解決を提供する独立系のIT調査・コンサルティング会社であるITRが、国内のCRM(顧客関係管理)市場の市場規模および動向を調査したものです。
■国内CRM市場の動向
同調査では、2008年度の国内CRM市場全体で出荷金額が前年比9.6%増の214億4,000万円と堅調に拡大しており、パッケージ製品の出荷金額が前年より微減であったことに対し、ASP/SaaS市場が前年比33.3%増と急速に拡大していることから、今後もASP/SaaSモデルのシェアは上昇すると予測されています。
■当社について
当社は「データベースの銀行」というビジョンを掲げ、お客様から情報資産を安全にお預かりし、有効活用して頂くためのサービス「スパイラル(R)」をASP/SaaS形式で提供しております。
■「スパイラル(R)」について
スパイラル(R)は、販促やIRにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、企業が保有する様々な種類の重要情報資産を、データベース化して安全に管理するためのプラットフォームをインターネット経由(ASP/SaaS形式)で提供しています。
さらに、メール、集計、分析、Webページ作成、GPS、自社サイトに貼り付けて口コミを集められるガジェットアクセサリーなど、300以上の柔軟で豊富な機能により、情報資産を有効活用するためのソフトウェアをサービスとして提供しています。
2009年8月末現在、官公庁、金融、サービス、教育機関など、業種・業態を問わず1,524のお客様にご利用いただいております。
当社は今後もより一層同サービスの提供に注力し、データベースの銀行として、皆様の様々な情報資産管理を支援してまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社パイプドビッツ
広報・IR部 担当:青木、三枝
TEL:03-5771-6931
受付時間:平日10:00~18:00(年末年始を除く)
【企業情報】
株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
リンク
設立   2000年4月3日
資本金  186,818千円
本社   東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者  代表取締役兼CEO 佐谷 宣昭(さたに のぶあき)
事業内容 アプリケーション・サービス事業
業績   1,034,899千円(2009年2月期)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。