logo

Stantum社のマルチタッチ技術、マイクロソフトのWindows 7のロゴ認証取得

Bordeaux, France, Nov 5, 2009 - (JCN Newswire) - マルチタッチ技術の先駆的開発企業Stantum社( www.stantum.com )は、Slate PCデモプラットフォームが「Windows 7互換」の認証を取得したことを本日発表しました。

Bordeaux, France, Nov 5, 2009 - (JCN Newswire) - マルチタッチ技術の先駆的開発企業Stantum社( www.stantum.com )は、Slate PCデモプラットフォームが「Windows 7互換」の認証を取得したことを本日発表しました。認証は、最大10か所に同時タッチ可能なマルチタッチ技術に与えられました。これより、クラス最高の Stantum社マルチタッチ技術のユーザや開発者は、大きな恩恵を受けるでしょう。

「これは、既存または将来のStantum社ライセンシーにとって、よいニュースです。」と、Stantum社CEOのEtienne Paillardは述べました。「弊社の先駆的企業としての経験や、マイクロソフトとの長期的コラボレーションにより、Windows 7の最初のベータ版からマルチタッチ機能をネイティブにサポートさせることができました。OEMの方々が、今後のWindows 7対応製品に弊社独自のマルチタッチ技術を採用するかどうかを検討する際に、弊社が公式ロゴを取得していることは有利に働くでしょう。」

Stantum社技術では、実質上タッチする箇所の数に制限がありませんので、エンドユーザにたいへん便利にお使いいただけますし、AMR (アナログマトリックス抵抗式)や最新型静電容量式ソリューションなどの他のマルチタッチ技術エンドユーザより優れています。

Slate PCデモプラットフォームには10.1インチスクリーンが搭載されており、Stantum社のマルチタッチ技術の主なメリットを具現化しています。

- 同時に10か所以上のカーソルポイント
- 指やタッチペンによる入力
- 指の圧力検知
- 低電力消費
- ドライバ不要で、Windows 7をネイティブサポート

マルチタッチディスプレイ付きSlate PCは、Dell Inspiron Miniミニノートパソコン・プラットフォームをベースにしており、キーボードが不要です。キーボード入力、手書き、ゼスチャー、従来型カーソル制御などの操作はすべて、マルチタッチスクリーンから入力でき、今までにないような使い勝手のよさを実現しています。

静電式マルチタッチと違い、Stantum社技術はミニノートパソコンやMID (モバイルインターネット機器)フォームファクタに特に適しています。その理由は以下のとおりです。

- 安価なソリューションコスト。
- EMIの影響を受けませんので、画面のそばにWi-FiやBluetoothアンテナがあっても支障ありません。
- パッシブタッチペン入力対応と高精度により、手書き入力を認識し、Windows 7インターフェースをさらに使いやすくしています。

詳しい情報は www.stantum.com またはマイクロソフトのWindowsロゴ認証ウェブサイト( リンク )をご覧ください。

Stantum社について

Stantum社( www.stantum.com )は、マルチタッチ技術で2002年から先駆的な企業でした。2005年に、真に信頼性のあるマルチタッチ・ユーザー・インターフェースを使用した商用製品のマーケティングを初めて行った企業です。現在、Stantum社が特許を取得している画期的なマルチタッチ技術ポートフォリオは、IPブリックや関連技術および設計サービスのライセンスの下でご利用いただけます。Stantum社の本社は、フランスのボルドーにあります。

編集者向け問い合わせ先
Neal Leavitt
Leavitt Communications
760-639-2900または760-212-9112
neal@leavcom.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。