logo

ST-Ericsson 戦略プランニング部長にワイヤレス専門家Edgar Auslander氏を任命

Geneva, Switzerland, Nov 5, 2009 - (JCN Newswire) - ワイヤレス半導体とモバイルプラットフォーム業界の世界的リーダーであるST-Ericssonは、Edgar Auslander氏をシニアバイスプレシデント兼戦略プラニング部長に任命したことを発表しました。Auslander氏はワイヤレスコミュニケーションおよび半導体業界における20年の経験を有しています。

Geneva, Switzerland, Nov 5, 2009 - (JCN Newswire) - ワイヤレス半導体とモバイルプラットフォーム業界の世界的リーダーであるST-Ericssonは、Edgar Auslander氏をシニアバイスプレシデント兼戦略プラニング部長に任命したことを発表しました。Auslander氏はワイヤレスコミュニケーションおよび半導体業界における20年の経験を有しています。

「彼の輝かしい実績は、我々が継続的な革新およびビジネスリーダーシップを発揮していくのに必要な最善策の考案するための鍵となるでしょう。」とST- Ericsson社長兼最高経営責任者(CEO)のGilles Delfassy氏は述べています。「我が社が長年にわたって成功を収めていくうえで、彼の豊富なビジネス経験および業界に関する深い知識が我が社に利益をもたらしてくれるものと確信しています。」

Auslander氏はTexas Instruments社ワイヤレス・ビジネス事業部の創始者のひとりで、同社を8年足らでグローバルリーダーへ変革するのに貢献しました。彼は、ワールドワイド・ストラテジーおよびコーポレート・ディベロップメントのゼネラル・マネージャも努めました。

Auslander氏は、ST- Ericssonに入社する前は、Intel社のウルトラモビリティグループのディレクタとして、モバイルインターネット端末向けワイヤレス・プラットフォームの統合およびサポート、そして戦略的アライアンスを担当していました。2006年から2007年にかけては、カリフォルニア州のベンチャーキャピタルにてバイスプレシデントを努めていました。

2001年から2004年にかけては、マーケティングおよびストラテジーのシニアバイスプレシデントとして、シリコンバレーに拠点を置き、主要な携帯電話会社および製造業者にモバイル端末や統合ソフトウェアソリューションを供給する会社の立ち上げに従事しました。

『モバイルコミュニケーションにおけるプログラム可能なDSPアプリケーション』(原題:The Applications of Programmable DSPs in Mobile Communications、出版社:Wiley)の共同著者で、コロンビア大学のMBAを修得しており、コーネル大学にて電子エンジニアリングの修士号を取得しています。Auslander氏はIEEEのシニアメンバーも努めています。

概要: ST-Ericsson

ST-Ericssonは、幅広いモバイルテクノロジを網羅した、革新的なモバイル・プラットフォームと最先端のワイヤレス半導体ソリューションの完全なポートフォリオを開発、提供している世界的リーダー企業の1社です。同社は携帯端末製造最大手各社へのトップサプライヤであるとともに、その製品とテクノロジは今日市場に供給されているすべての携帯電話の半数以上に採用されています。2008年の売上(暫定値)はおよそ36億ドルに達しています。ST- Ericsson は、STマイクロエレクトロニクスおよびエリクソンによる対等出資(50:50)の合弁企業として2009年2月に設立され、本社はスイス・ジュネーブに置いています。ST-Ericsson の詳細は、Webサイト www.stericsson.com をご覧ください。

お問合せ先:

報道機関からのお問い合わせ:
電話: +41 22 930 2733
Email: media.relations@stericsson.com

投資家からのお問い合わせ:
電話: +41 22 929 6973
Email: investor.relations@stericsson.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事