logo

CATV用STBプラットフォームにより中国の付加価値デジタルTVサービスを推進

STマイクロエレクトロニクス 2009年11月05日 09時25分
From PR TIMES

中国の主要セット・トップ・ボックス・メーカーが、
グローバル市場向け新型ホーム・エンタテインメント製品に、
STの最先端1チップ・デコーダ STi5197を採用


セット・トップ・ボックス(STB)用チップのサプライヤとして世界をリード
するSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、中国の主要STB
メーカー向けに、デジタル・ケーブルTV向けSTB用の高集積1チップ・デコーダ
STi5197の量産を開始しました。

STi5197は、QAM(直交振幅変調)復調器とMPEG-2オーディオ/ビデオ・デコード
およびアプリケーション処理機能を内蔵しており、ケーブルTV市場でオペレータ
各社が要求しているコスト効率の高いソリューションに最適です。また同製品は、
全ての主要なコンディショナル・アクセス・セキュリティ方式とそのミドル
ウェアをサポートしています。

STのエグゼクティブ・バイス・プレジデント 兼 ホーム・エンタテイメント&
ディスプレイ・グループ ジェネラル・マネージャであるPhilippe Lambinetは、
次の様にコメントしています。「STi5197は記録的な速さで開発から量産へと
移行し、我々は全ての重要な市場において設計受注を獲得しています。先進的な
接続性を備えたコスト効率の良いソリューションによって、ユーザは豊かな視聴
体験が可能になり、オペレータはアナログ放送からデジタル放送への移行促進と
共に、低消費電力に対する要求をサポートすることができます。」

Jiuzhou社のジェネラル・マネージャであるXia氏は、次の様にコメントしていま
す。「STは高性能でコスト効率に優れたMPEG-2ソリューションのリーディング・
サプライヤで、中国における低価格双方向TVの普及を促進しています。
オペレータ各社は、非常にコスト効率の良い方法で付加価値サービスの導入を
可能にする高性能STBを求めており、当社は、STi5197を採用することで、それら
の要求をサポートするソリューションを開発しています。また、若干の変更で
インドや南米など他の市場に対応することも可能なため、開発コストと市場導入
までの時間を最小限に抑えることができます。我々は、今回の開発によってもた
らされる機会に興奮しています。」

STi5197は、外付けFlashメモリ用のインタフェースを搭載しており、HDD無しで
PVRタイプのタイム・シフト機能をサポートすることができます。内蔵USB
インタフェースは、DVR対応STBの実装を含む汎用的な接続に最適です。また、
イーサネット・インタフェースを内蔵していることから、中国で使用されている
双方向型STBに搭載することもできます。

Jinan Cable社のXie氏は次の様にコメントしています。「STは、中国のケーブル
放送市場の基準を定める存在です。当社は、デジタル放送への移行に向けた最良
のソリューションの1つとしてSTi5197を選択しました。当社製品の普及を促進す
るためには、最適化された投資によって、高性能、安定性、および付加価値機能
のサポートを実現するソリューションが必要になります。現在、HDTV
ソリューションへの投資を計画しており、その分野においても強力な製品ポート
フォリオを有するSTと共同で取り組む予定です。」

Inspurグループ社のマルチメディア部門 ジェネラル・マネージャである
Cui Wei氏は次の様にコメントしています。「当社のSTBは、STi5197によって、
消費電力0.8W以下の低消費電力モードを容易に実現することができ、真の
『グリーン』製品になりました。また我々は、USBインタフェースに接続した
モバイルHDDで当社のプッシュ型ビデオ・オン・デマンド・サービスをサポート
するDVRソリューションの性能に特に満足しています。」

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な
半導体ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、
高度な技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。
2008年の売上は98.4億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
Consumerセグメント
TEL: 03-5783-8340 FAX: 03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事