logo

大手グローバル投資銀行、FRSGlobal社のリスク管理ソリューションRiskProを選択

London and Singapore, Nov 4, 2009 - (JCN Newswire) - ユニファイドプラットフォームで40か国以上に対応している唯一のリスクおよび規制報告書作成ソリューションプロバイダ、FRSGlobal社は、大手グローバル投資銀行がリスク管理と収益性分析のために、FRSGlobal社のリスクソリューションRiskProの展開を行う契約を結んだことを、本日発表しました。

London and Singapore, Nov 4, 2009 - (JCN Newswire) - ユニファイドプラットフォームで40か国以上に対応している唯一のリスクおよび規制報告書作成ソリューションプロバイダ、FRSGlobal社は、大手グローバル投資銀行がリスク管理と収益性分析のために、FRSGlobal社のリスクソリューションRiskProの展開を行う契約を結んだことを、本日発表しました。

最初の展開は、日本・インドネシア・インドで行われます。契約には、全世界からのアクセシビリティと、各国の配置要員と国際チームによるグローバルなサービス提供体制が含まれています。

FRSGlobal 社アジア太平洋地域および日本担当副社長Steve Thurleyは、次のようにコメントしました。「アジア太平洋地域では、一元化されたリスクおよび収益性分析ソリューションの全社展開を決定する銀行の数が増えていますので、RiskProも著しい伸びを示しています。今回、大手グローバル投資銀行にFRSGlobal社ソリューションを選んでいただいた主な理由は、完全に統合されていることと、すべての種類のリスクについて銀行全体のキャッシュフロー予測を提供できることです。」

FRSGlobal 社のRiskProソリューションは、ALM、流動性リスク、市場リスク、信用性リスク、Basel II、IFRS/IAS 32、39、Solvency II、資金移転価格(FTP)、エコノミック・キャピタルの9つのモジュールからできています。また、幅広くかつ深い財務分析が行えるので、結果に一貫性が保て分析コストを削減できます。その特長は次のとおりです。

- 柔軟性の高いモジュール化ソフトウェアプラットフォームで、財務リスク分析の計算や報告書作成について、企業の規模を問わずに社内外のニーズを満たします。

- 幅広い金融商品をカバー -- 普通預金から、複雑なローンや保険証券、非標準型オプション、仕組商品まで。

- 経験とスキルの豊富な実装・サポート要員 -- 効果的なソリューション実装・利用・サポートのため、質の高いサービスとていねいな知識の引継ぎを実施。

- 全世界からのアクセシビリティと、各国の配置要員と国際チームによるグローバルなサービス提供体制。

RiskPro プラットフォームは、3層のクライアント/サーバ・アーキテクチャを活用しており、ユーザインターフェース、機能プロセスロジック、コンピュータ・データ・ストレージ、データアクセスは、J2EEとWeb 2.0を使って、独立モジュールとして開発・保守されます。

最近の Chartis社レポートの、ALMおよび流動性リスク管理技術ベンダのオファリング完全性ランキングで、FRSGlobal社は、ソフトウェアベンダ 16社中の上位に入りました。ベンダのオファリング完全性ランキングの評価基準は、機能のカバー範囲、先進的な分析論、使いやすさ、構成可能な度合い、データ管理、拡張容易性、パフォーマンス、「ユニファイド」プラットフォームでした。

お問い合わせ先
FRSGlobal
Lauren Dearmer
PRマネージャ
電話:+44 (0) 20 7539 6525
メール:lauren.dearmer@frsglobal.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。