logo

電気自動車市場の調査報告書「2009年版 電気自動車の現状と将来性」

総合技研株式会社は日本の電気自動車市場について調査・予測を行った「2009年版 電気自動車の現状と将来性」を出版しました。

[調査項目]
1.電気自動車
1)概要
電気自動車の変遷
電気自動車の基本構成
電気自動車の導入効果
2)参入メーカー一覧表
(1)カーメーカーの取り組み状況
(2)部品メーカーの取り組み状況

3)主要部品におけるカーメーカーと部品メーカーの納入マトリクス

4)市場規模推移
(1)2008年実績、2009年見込、2010年、2015年の予測
(2)各メーカーの生産、導入計画

2.燃料電池車
1)燃料電池車の概要
― 部品構成とシステム ―
2)参入メーカーの動向
3)市場規模と将来予測
4)研究開発動向と今後の展開
(1)各カーメーカーの開発動向
(2)技術課題と今後の展開
(3)海外メーカーの主要研究開発動向
5)主要構成部品の動向
(1)主要構成部品と特長
(2)各部品のコスト動向
6)燃料電池車のロードマップ
7)燃料電池車の今後の見通し

3.ハイブリッド車
1)参入メーカー一覧と自動車の特長
2)市場規模推移
2008年実績、2009年見込、2010年、2015年の予測
3)トヨタVSホンダの戦略
投入計画、販売実績
各車種の特長、販売戦略
4)主要部品におけるカーメーカーと部品メーカーの納入マトリクス
5)主要構成部品の動向
補助電源、モーター、DC/DCコンバーター、昇圧回路 他
(1)技術動向
(2)各部品メーカーの取り組み動向
6)ハイブリッド車の今後の動向

[調査対象品目]
電気自動車
燃料電池車
ハイブリッド車

[調査対象先]
カーメーカー全般
関連部品メーカー全般
燃料電池関連メーカー全般

[調査レポート]
2009年版 電気自動車の現状と将来性
リンク


[詳細資料] ※PDF146KB
リンク


[総合技研について]
リンク

[関連レポート]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。