logo

ウォルフソン、音質向上と再生時間の延長を同時に実現する高性能の低消費電力オーディオ・ソリューションを発表


ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社は本日、メディアプレーヤー、マルチメディアフォン、携帯ゲーム機などのポータブル・オーディオ・アプリケーション向けに、『再生時間の飛躍的な延長』を実現する超低消費電力DAC、『WM8910』を発表しました。

WM8910は、業界最先端のウォルフソンのDAC製品群に新たに追加された製品です。WM8910は、超薄型、ロー・プロファイル・フォーム・ファクタの製品で、高性能オーディオを低消費電力で実現します。

WM8910は、レジスタ書き込みシーケンサーを搭載し、より容易なシステム設計を実現します。また、本製品は、グラウンド・リファレンスのヘッドホン・アンプを搭載することにより、『ポップ音およびクリック音性能の改善』および『外部部品数の削減』を達成します。WM8910は、民生用機器の設計者が、設計上の限界を打ち破り魅力的で差別化された最終製品の開発を低コストでおこなえるようサポートします。

WM8910は、スイッチト・キャパシタ方式を用いたウォルフソン独自の低消費電力DACアーキテクチャである革新的なSmartDACTMテクノロジーを搭載しています。このSmartDACTMテクノロジーの採用により、DACからヘッドホン出力への信号パスで消費電力を4.5mW未満に抑えることが可能です。加えて、アダプティブ・デュアル・ドライブ・チャージ・ポンプおよびDCサーボ回路アーキテクチャを含んだウォルフソンのクラスWアンプ・テクノロジー[クラスGの進化型]を搭載しています。

クラスWヘッドホン・アンプ・テクノロジーは、音楽の信号レベルを正確にトラッキングし、アダプティブ・デュアル・ドライブ・チャージ・ポンプを使用して消費電力を最適化するだけでなく、ヘッドホン出力用に大型のDCブロッキング・コンデンサが不要になるため、『PCB上の所要スペースの大幅な削減』および『オーディオ・サブシステムのBOMコストの大幅な削減』を実現します。

WM8910は、ウォルフソンの革新的なSlientSwitchTMテクノロジーを集積することにより、オーディオ性能の向上を実現します。SilentSwitchTMテクノロジーは、洗練されたクランプ回路とシーケンサー回路を集積することでポップ音およびクリック音を抑制します。SilentSwitchTMテクノロジーは、出力をグランドにクランプすることにより、電源立ち上げ時およびミュートオン/ミュートオフ時にヘッドホン・アンプ出力に発生する耳障りなノイズを低減します。WM8910に搭載されたレジスタ書き込みシーケンサーを用いてデバイス各部の電源立ち上げや電源立ち下げにプログラマブルな遅延時間をもうけることで、『ポップ音およびクリック音の大幅な軽減』およびソフトウェア・ドライバの開発時間の短縮による『市場投入に要する時間の低減』を実現します。

WM8910は、広まりつつある超低消費電力オーディオ・サブシステム向けにコア技術を提供します。またシステム設計者は、WM8910の持つ柔軟性によって、集積されたデジタル・マイク・インターフェースを通して最新のデジタル・マイクを使用することも可能になります。WM8910は、クラスWヘッドホンへのバイパス・パスを備えたアナログライン入力、さらにライン出力も持っています。

ウォルフソン 低消費電力オーディオ向け製品ライン・マネージャ ダンカン・マカディー(Duncan Macadie)談:
『WM8910は、『再生時間の飛躍的な延長』、『オーディオ性能の向上』、『外部部品総数の削減』を低コストで実現する最先端のデバイスです。本製品は、あらゆるポータブル・マルチメディア・アプリケーションにとって理想的なソリューションです。』

【本件に関するお問い合わせ先】
ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社
営業部 滝田 寛
TEL : 045-440-1230
E-mail : hiroshi.takita@wolfsonmicro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事