logo

デジタルテレビプロバイダがVODとDVRの需要に投資し、2014年には高度テレビ広告の収益は40億ドルを上回る

米国市場調査会社パークスアソシエイツ社が米国のアドレス可能な双方向のテレビ広告市場を調査・分析した「米国のアドレス可能な双方向テレビ広告市場調査 - Addressable, Interactive TV Advertising in the U.S.」を出版

有料テレビ産業は、2010年の半ばには高度なテレビ広告で成功し始め、2010年末の米国市場での収益は1億3000万ドルに達するだろうと米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「米国のアドレス可能な双方向テレビ広告市場調査 ー Addressable, Interactive TV Advertising in the U.S.」は報告している。

VODやDVRサービスプラットフォームでのタイムシフトテレビ視聴に対する消費者の需要と、Canoe Venturesのアドレス可能なテレビ広告プラットフォームの広範な採用によって、高度テレビ広告の成長は促進されるだろう。2014年までに、米国のアドレス可能な双方向テレビ広告の収益は40億ドルを上回り、ケーブル、DBS、通信会社のテレビサービスの総広告収益の12%近くを占めるだろう。

高度なテレビ広告には、伝統的な直線的な30秒の広告と、VODやDVRの広告や、オーバレイ、タグ、IPGバナー、microsites、RFI、ショーケース、テレスコープ(望遠鏡)などのような対話的な形式の非線形の広告がある。

「主要な米国のケーブルテレビオペレータや、ダイレクト衛星放送(DBS)テレビプロバイダ、通信会社は、高度な広告が主要な収益機会であると認識している。短期的には、デジタルテレビオペレータは、広告収入を維持するための先行投資として高度な広告への投資を急拡大し続けている。長期的にはこの投資が、広告ビジネスセグメントの成長に寄与するだろう」とパークスアソシエイツ社の調査アナリストHeather Way氏は語る。

この調査レポートは、高度なテレビ広告市場の主要企業と、ビジネス上や技術上の促進要因を分析している。現在のビジネスモデルと、今後のアドレス可能広告や対話性に対応してどのように変化するかについて論議している。投資に有益な、広告収益の予測、採用、推薦などの情報も記載している。

【調査レポート】
米国のアドレス可能な双方向テレビ広告市場調査
Addressable, Interactive TV Advertising in the U.S.
リンク

◆パークスアソシエイツ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

レジデンシャルゲートウェイ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。