logo

天然ガス自動車は2015年に1700万

米国市場調査会社パイクリサーチ社が天然ガス自動車の市場を調査した「天然ガス自動車市場調査:圧縮天然ガス車と液化天然ガス車の現状と今後 - Natural Gas Vehicles:Compressed Natural Gas and Liquefied Natural Gas: Cars, Light Trucks, and Medium/Heavy Duty Trucks」を出版

天然ガス自動車(NGV)は市場に出て久しいが、天然ガス技術の進歩とその有用性にもかかわらず、いまだ世界の多くの国々で、輸送燃料としての認知は進んでいない。しかし、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「天然ガス自動車市場調査:圧縮天然ガス車と液化天然ガス車の現状と今後 ー Natural Gas Vehicles:Compressed Natural Gas and Liquefied Natural Gas: Cars, Light Trucks, and Medium/Heavy Duty Trucksq」は、天然ガス自動車の市場は成長の新しい段階に入ったと報告している。天然ガス自動車は世界中で使用が始まり、2008-2015年に970万から1700万台に増加し、販売数は始めて300万台を上回るだろうと予測している。

「政府、フリート管理者、消費者の、天然ガス自動車の低排出量が環境保全上の利点であるという認識はますます高まっている。しかし、多くの国々で、燃料補給所というインフラストラクチャの不足がNGVの需要を抑制した。NGV市場が好調な国々には、主に安価な天然ガスや既存の給油所が多いこと、そして自動車、燃料、インフラへの政府の補助金という要因が重なっていた」とパイクリサーチ社のアナリストDave Hurst氏は語る。

同氏は、現在のNGVのトップ5市場は、パキスタン、アルゼンチン、ブラジル、イラン、インドであるとしている。今後5年間は、カナダ、インド、アメリカ合衆国が最も急速に成長する市場だろうと予測している。米国は、政府と企業のNGVの大規模な採用が促進要因となるだろう。

この調査レポートは、天然ガス自動車や軽トラック、中大型トラックのビジネスチャンスと課題を分析し、圧縮天然ガス(CNG)と液化天然ガス(LNG)自動車技術の総合的評価を記載し、フリート顧客と個人ユーザーの主要な需要の促進要因を分析している。

【調査レポート】
天然ガス自動車市場調査:圧縮天然ガス車と液化天然ガス車の現状と今後
Natural Gas Vehicles:Compressed Natural Gas and Liquefied Natural Gas: Cars, Light Trucks, and Medium/Heavy Duty Trucks
リンク

◆パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。