logo

[お知らせ]EMCジャパン社長 諸星俊男が青山学院大学経済学部創立60周年記念講演会にて講師を務める

東京発 - 2009年10月7日
EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、URL:リンク) の代表取締役社長、諸星俊男が、10月17日(土)に青山学院大学にて開催される、同大学の経済学部創立60周年・同窓会創立10周年記念講演会 (リンク )にて、『情報通信技術の最前線、その未来』-ICTは経済再生の牽引車となりうるか-のテーマで、マイクロソフト株式会社 代表執行役副社長の堂山昌司氏と、青山学院大学 教授の中村 まづる氏と共に講演を行います。また、当日は学生からの質問に答えるディスカッションも行われます。
EMCジャパンは、青山学院産学協同事業のパートナー企業であると共に、同学院の次世代ICTネットワークシステムの情報基盤にEMC製品が採用されるという縁から、今回、同大学の学生を主な対象としてICT戦略の展望をテーマに講演を行うこととなりました。
EMCジャパンは、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供するリーディング・カンパニーとして、あらゆる機会でインフォメーションテクノロジーを通じて社会に貢献して参ります。

<日時>2009年10月17日(土)13:00~15:30
<場所>青山学院大学 ガウチャー 記念礼拝堂
(地図) リンク
* 青山学院在校生・校友関係者であれば誰でも参加可能です
<進行プログラム> リンク
第Ⅰ部:講演「ICTは経済再生の牽引車となりうるか」
中村 まづる氏(青山学院大学経済学部 教授)
堂山 昌司 氏(マイクロソフト株式会社 代表執行役副社長)
諸星 俊男 (EMCジャパン株式会社 代表取締役社長)
第Ⅱ部:「次世代企業人の生き方をさぐる」
学生ファシリテーターが企業人の生き方などを質問します

EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部
広報マネージャ 武村 綾
Tel: 03-5308-8867(直通)/ 03-5308-8888 (代表)/ E-mail: japanpr@emc.com

EMCは、米国EMCコーポレーションの登録商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。