logo

Progress DataDirect “Data Integration Suite”の最新リリースで、運輸・物流業のサポートを拡大

~ Progress DataDirect Data Integration Suiteリリース5.0のIATA Cargo-IMPサポートにより、統一的で精度が高く経済性に優れた貨物データを提供 ~

米国プログレスソフトウェア・コーポレーション(以下米国プログレス)を親会社とする、日本プログレス株式会社(本社:東京都千代田区)は、本日、さまざまな産業向けの電子データ交換(EDI: Electronic Data Interchange)処理を自動化、簡素化する機能を強化し、最新の業界標準をサポートしたProgress DataDirect® Data Integration Suite(以下、DataDirect Data Integration Suite)の新バージョンを発表しました。DataDirect Data Integration Suiteリリース5.0は、国際航空運送協会(IATA)、その加盟航空会社、米航空輸送協会(ATA)が開発した、貨物に関するデータ交換を自動化する最新業界標準に準拠しています。

データ変換やデータ統合に対する開発者のニーズを満足するため、DataDirect Data Integration SuiteはDataDirect XQuery、DataDirect XML Converters、Stylus Studioというデータ統合およびサービス指向環境のためのXMLコンポーネントテクノロジーから構成されています。堅牢かつ柔軟性が高く、各コンポーネントを一度のインストール作業でインストールできるDataDirect Data Integration Suiteのリリース5.0では、コーディングを最小限にとどめ、ミッションクリティカルな情報を速やかにエンタープライズアプリケーションや取引相手へ伝達するための新しい機能を備えています。

航空会社とその他の企業間における貨物データ交換の自動化を効率的に行うには、共通のメッセージフォーマットの使用が不可欠です。ペーパーレス環境および、統一的で精度が高く経済性に優れた貨物データ交換をサポートするため、IATAはCargo-IMP(Cargo Interchange Message Procedures)を策定しました。この公式の標準メッセージソースは、貨物スペースの割り当て、航空貨物運送状(AWB)、飛行計画書、経理処理、予約状況、貨物突合情報、乗り入れ禁止、税関、CASSビリング、危険物、事前仕入れ割当て、陸路輸送などに関する仕様をサポートしています。

他の製品に容易に組込める、パフォーマンスの優れた、Javaおよび.NETコンポーネントである、DataDirect Data Integration SuiteのDataDirect XML Converterを使用することで、運輸・物流業界の開発者は、IATA Cargo-IMPトランザクションを、利用の容易なXMLに変換することができます。これにより、処理が高速化してアプリケーション性能が向上すると同時に、航空会社とそのビジネスパートナー間の情報共有も効率化されます。DataDirect Data Integration Suiteのリリース5.0では、『IATA Cargo-IMP マニュアル第27版』のすべてのメッセージタイプをサポートしています。

DataDirect Data Integration Suiteでは、IATA Cargo-IMPに加え、多種多様なレガシーEDIおよびフラットファイルタイプのXMLへの双方向ストリーミング変換にも対応しており、公開されているさまざまなEDI標準(EDIFACT、HL7、IATA(PADIS)、IATA Cargo-FACT、ASC X12、EANCOM、Edig@s、TRADACOMS、NCPDP、HIPAAなど)もサポートしています。このため、DataDirect Data Integration Suiteによって、これらの標準の最新バージョンを利用できるようになり、取引相手が異なるバージョンの標準を使用していたとしても、シームレスに相互運用できるようになります。標準SEFファイルを使用するDataDirect Data Integration SuiteのEDIエディタで、標準の拡張が可能だからです。

「通常、基幹系の管理システムや企業データベースとデータフォーマットを効率的に統合するには、かなりのコーディング工数、および複雑な統合アーキテクチャが必要になります。それらは貴重なITリソースを消費することになり、業務への対応も遅れがちになります」と、Progress DataDirectのシニアXMLマネージャー、Carlo Innocenti博士は述べています。
「DataDirect Data Integration Suiteを使用すれば、業界標準のメッセージタイプとXMLとの間で自動的に相互変換が行われるため、開発を行う必要がありません。リソースの大幅な削減は企業にとって、取引先との連携の上でも、大きな利益となります。」

DataDirect Data Integration Suiteのリリース5.0には、EDIストリームにエラーがないか分析し、EDIデータストリームをXMLに変換する際のエラーのフィルタリングに役立つ解析レポートを生成する新機能が組み込まれています。このEDI解析ツールでは、エラーのあるグループ、セグメント、メッセージをフィルタリングしながら、EDIストリームを処理します。自動生成されるレポートには、完全なエラーメッセージに加え、各標準に固有の受信応答メッセージが含まれます。受信応答メッセージはEDI送信側に処理の成否を通知するために使用できます。このリリースの詳細については、リンクを参照してください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事