logo

GUNDAM x DEKIMAGA Adobe(R) Photoshop(R)で、「機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」

アドビシステムズ株式会社 2009年10月23日 11時01分
From PR TIMES

オンラインチュートリアルマガジン「DEKIMAGA」にて、2009年10月23日(金)17:00より公開
リンク

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル(Craig Tegel)は、Adobe (R) Photoshop(R) (アドビ フォトショップ)を使った作品づくりの楽しさや喜びを体験できるマンスリーオンラインチュートリアルマガジン「DEKIMAGA」(リンク)にて「機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」を紹介します。


ガンダムのプラモデル、いわゆる“ガンプラ”を撮影したものを、アドビ フォトショップで実写の写真画像などと合成、レタッチ(修正・加工)することで、本物のガンダムの世界観、モビルスーツ同士の距離関係や設定などをリアルに描いています。今回再現したシーンは初代ガンダム序盤の名場面、ガンダム VS 黒い三連星の「ジェットストリームアタック」。臨場感溢れるシーンを再現しています。このコンテンツは2009年10月23日(金)17:00から公開となります。

■「DEKIMAGA」とは?
アドビ システムズ社の画像編集ソフトAdobe Photoshop を使って、写真のレタッチの楽しさや喜びを体験するためのオンラインチュートリアルマガジンです。購読(無料)することによって、Photoshopを使ったテクニックやアイディアを学ぶことが出来ます。また、自分で作った作品を「DEKIREPO」(デキレポ)コーナーに投稿、プロのクリエイターが作った作品を閲覧することも可能です。 *DEKIMAGAは、PCのメールアドレスがあればだれでも無償で閲覧することができます。

■「機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」特集記事の概要
特集記事は「PANORAMA MODE」、「GUNDUM EYE MODE」の2つで構成されています。また、今回の撮影、加工に使用したガンプラは「MOBILE SUIT」にてご覧頂けます。

「PANORAMA MODE」
戦場暗視カメラで撮影された設定で臨場感のある風景をPhotoshopで再現するためのモードです。迫真の戦闘シーンを創り出すため、撮影したガンダム、ドムに実写の写真画像を合成、レタッチを加えていくことでガンダムの世界観にリアリティを出していく過程を公開しています。

「GUNDUM EYE MODE」
ガンダムの視点から、ドム三体の姿をAdobe Flash(R)とAdobe After Effects(R)で表現したモードです。マウスの動きに連動して動くインタラクティブ性のある映像をお楽しみいただけます。撮影したガンプラから、カメラワーク、光や砂埃の効果を加えるといったステップを踏み、映像が完成します。


Adobe、Flash、After EffectsならびにAdobe PhotoshopはAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。その他すべての商標は、それぞれの権利帰属者の所有物です。
(C) 2009 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

協力:(株)バンダイ ホビー事業部

関連情報
https://dekimaga.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。