logo

TANDBERG、イマーシブなTANDBERG Telepresence T1でテレプレゼンスのイノベーションを促進

Tokyo, Oct 22, 2009 - (JCN Newswire) - TANDBERG(本社:ノルウェー・オスロ/米国ニューヨーク、取引コードOSLO: TAA.OL、以下「タンバーグ」)は本日、新製品のイマーシブな「TANDBERG Telepresence T1」によって、テレプレゼンスのイノベーション(革新)を推進することを発表しました。

同製品は、最高品位の統合的なテレプレゼンスビデオ会議システムであるTANDBERG Telepresence T3と同様にリッチなユーザー体験と直観的なインターフェイスを持ちつつ、より小さな設置面積でテレプレゼンス環境を実現します。これによって、タンバーグはTotal Telepresenceソリューションの幅を拡大し、高品質でイマーシブなテレプレゼンスをさらに多くのユーザーに提供できるようになります。

TANDBERG Telepresence T1
新しいTANDBERG Telepresence T1は、相手の使用システムの機種に関わらず、少人数のグループや拠点間でも、高品質でイマーシブなテレプレゼンス体験のできる会議が行えるようになりました。人数に関わらず、会議出席者全員に臨場感あふれるテレプレゼンス環境が利用できる選択肢があるということは、実際にその場で会っているかのような感覚を持つことができるという意味で非常に重要です。

- 65インチ高解像度ディスプレイ
- 壁紙はノルディックブルーで統一
- TANDBERG Telepresence T3のパーソナルタッチコラボレーションスクリーンを採用
- 2~3人向けのテレプレゼンスビデオ会議に最適
- 価格はオープンプライス

成長市場であるテレプレゼンス業界において、タンバーグはもっとも革新的で相互運用性の高い製品を提供しています。例えば、タンバーグの全製品はもちろん、 Microsoft Office Communications Server、その他の標準ベースのビデオエンドポイントやテレプレゼンスシステムと、シームレスな相互運用性があるため、特に他社のテレプレゼンスシステムに接続した際にも、マルチスクリーンで高画質テレプレゼンスが実現できるイマーシブなテレプレゼンスソリューションを提供できる唯一のベンダーです。また、先日発行されたGartnerのレポートでは、タンバーグのユーザーはTANDBERG Telepresence T1とTANDBERG Telepresence T3システムに投資し、レガシーとの相互運用性のあるインフラ プラットフォームを活用することが推奨されています。革新的で包括的なビジュアルコミュニケーションの提供を通じて、タンバーグは市場トップの地位をさらに強固なものとしていきます。

本リリースは、10月14日にニューヨークおよびオスロより配信されたリリースの抄訳です。

概要: タンバーグ

TANDBERG(タンバーグ)は、テレプレゼンス、HD(高精細)ビデオ会議システム、モバイルビデオ会議システムのグローバルリーダーです。 TANDBERGのビデオ会議ソリューションは、業界標準のプロトコルに対応しながら、高い安定性や信頼性を備えた高品質な音声・映像・高度な暗号化通信を実現します。大会議室から机上まで、また、1対1から複数拠点までといった様々な環境に対応し、PCや3G携帯などともネットワーク統合が可能なため、お客様にとって最適なユニファイドコミュニケーションを提供します。
TANDBERGはニューヨークおよびノルウェーの2本社制で、世界90ヶ国以上に導入実績があります。またオスロ証券取引所に上場しています。(TAA.OL)TANDBERGに関する詳細はWebサイト リンク (日本語)をご覧ください。

記載されているすべてのTANDBERG製品およびサービス名はTANDBERGの米国及びその他の国における登録商標または商標です。その他全ての商標は、個々の商標権者に帰属します。
タンバーグ ホームページ
プレスリリース: リンク

お問合せ先:

読者からの問い合わせ先:
日本タンバーグ株式会社
電話:03-6230-3510(代表)
リンク

報道関係者からのお問い合わせ先:
日本タンバーグ株式会社
マーケティング・マネージャー 藤嶋眞知子
Eメール:machiko.fujishima@tandberg.com 電話:03-6230-3519

テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社(日本タンバーグ株式会社 広報代理店)
上野 Eメール:motoko.ueno@text100.co.jp
黒田 Eメール:sachie.kuroda@text100.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事