logo

【開催迫る!】マイグレーションでシステム運用コスト削減と異言語レガシー資産問題を解決 - 『ITpro EXPO2009』でITコスト削減と既存システム維持にお悩みの企業様向けにセミナーを開催 -

 マイグレーションプロバイダー システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小河原弘三)は、来るエンタープライズICTの総合展『ITpro EXPO2009』会場内でレガシーマイグレーションをテーマとした出展社セミナーを開催します。

長引く経済不況により、多くの企業が新規投資を見送り、更なるコスト削減に迫られているなかで企業のIT部門では、システム開発・運用コスト削減方策の1つとして”レガシーマイグレーション”に再注目しています。

 長年使用してきた既存システムの高い運用・維持費用に悩む企業にとって、システムの全面再構築は開発コストやリスク、そして期間がかかりすぎます。しかし、稼動しているからといってレガシーシステムを、そのまま塩漬け状態にしておくわけにもいきません。そのため、開発済の既存アプリケーション資産を活用しつつ、システムのスリム化と運用コスト削減効果を同時に実現するレガシーマイグレーションは、まさに今の時代にマッチしたITソリューションの1つと言えるのではないでしょうか。

 今回の『ITpro EXPO2009』で開催するセミナーは、このようなことを検討中の企業様にお勧めです。

 ○コスト削減に効果のあるITソリューションやサービスを探している
 ○投資コストを抑えてIT運用コスト削減に効果の高い方策を適用したい
 ○既存システムの運用・維持費用が高額
 ○ベンダー固有の開発言語やDBで構築されたIT資産の維持・管理がこれ以上は困難

 ⇒このような課題でお悩みのお客様は、今すぐセミナー申込を!

 これらの課題解決に向けて『マイグレーションがいかにIT運用コスト削減に最適であるか』、をはじめ『今、塩漬け状態の異言語資産からのマイグレーション方法』について、システム再構築の現場で実際に体験してきた事例を交えご紹介します。
 『 ITpro EXPO2009 』開催まで、わずかとなりました。お早目にお申込ください。

リンク

- 出展社セミナー概要 -
□ITpro EXPO2009 フォーラム テーマセッション デベロップメント

塩漬け『レガシー“異”言語』脱却の特効薬とは?
マイグレーションでIT運用コスト削減

本セミナーでは、レガシーマイグレーションがシステム開発・運用コスト削減に有効な理由や、『レガシーな異言語資産』を変換し活用するシステム移行方法と適用事例、実際のマイグレーション方法を解説します。
■システムズでマイグレーション適用実績のあるレガシー資産と開発言語
PL/1、アセンブラ、NATURAL、RPG、Q言語、COBOL/S、EasyTrieve、NHELP、CSP、JASPOL等の業務処理APの分野

日 時 2009年10月29日(木) 13時 から 13時40分
会 場 展示会場 東5ホール内 特設セミナー会場 B

■略称説明
レガシーマイグレーションとは
 メインフレームに代表されるレガシーシステム(旧式のシステム)を、OSなどの環境が異なるオープン系のプラットフォームに移行すること。
 このようなレガシーシステムはリース料や保守料、ソフトウェアのライセンス料が高額です。近年、オープン系のOSやプラットフォームの低価格化・高性能化に伴い、旧来のレガシーシステムをこうした新しいオープン系システムに移行することで運用維持費を削減しようとする動きが顕著となっています。

■『レガシーマイグレーション』サービス ポータルサイト
  リンク

■株式会社システムズ ホームページ
  リンク

■株式会社システムズについて 
 当社は、1969年に設立されコンピュータ・システムの進化とともに歩んでまいりました。
 基幹系システム、情報系システム、Webソリューションの構築において幅広い実績を積むとともに、『マイグレーション特許』を2003年に取得(特許第3494376号)。今年は創業40周年を迎え、独自のシステム開発にも磨きを掛け、さらなる事業領域を拡げつつ進化し、現在に至っております。

■会社概要 
社名:株式会社システムズ
代表取締役社長:小河原 弘三
住所:〒141-0031
東京都品川区西五反田7-24-5 日本生命西五反田ビル8F
TEL:03-3493-0033(代表)
FAX:03-3493-2033

[事業内容]
・マイグレーション(レガシーシステムの移行)
・システム インテグレーション
・ソフトウェア受託開発、サポート
・ソフトウェアパッケージ販売
・情報処理機器販売

【商標について】
すべての名称ならびに製品についての商標は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 広報担当:中本 周志
TEL:03-3493-0032(ダイヤルイン)
FAX:03-3493-2033
E-mail:news_release@migration.jp

《関連URL》
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。