logo

クレオ、『ZeeM 会計』のIFRS(国際会計基準)対応計画を発表

株式会社クレオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:土屋 淳一、以下クレオ)は、法人向け会計システムソリューション 『ZeeM (ジーム) 会計』のIFRS*(国際会計基準)対応計画を発表いたします。2011年3月までに順次コンバージェンス対応版を、2011年12月にアドプション対応版をリリースし、その後2015年(予定)のIFRS強制適用に向けて一層の機能強化を行う計画です。また、企業のIFRS対応を支援するための「ZeeM IFRS対応推進室」を設置したことを併せて発表いたします。
*IFRS:International Financial Reporting Standards

■ グローバルな会計基準への対応が不可欠
IFRS(国際会計基準)は、グローバルな視点から会計処理のルールを統一し、企業価値を測る基準を揃えるべく国際会計基準審議会(IASB)により策定された会計基準です。これにより、株式公開企業は日本独自の会計基準を順守しつつ、IFRSの基準にも対応せざるを得ないことになり、複数の財務諸表を管理する必要性が予測されています。
また、ワールドワイドでのボーダレスな企業競争が日常となった今日、株主、お客様、取引先などあらゆるステークホルダーに対して、企業がIFRSに対応していくことは不可欠と捉えています。

■ 「ZeeM 会計」のIFRS対応計画
「ZeeM 会計」は、財務会計と管理会計一体型の会計システムソリューションです。株式上場を目指されている企業から上場後の企業まで幅広く採用頂いています。企業がIFRS対応を行う上で必要とされるエンタープライズ会計システムとして、迅速かつ時宜を得た対応を実施していく方針です。コンバージェンス(収れん)対応、アドプション(全面採用)対応、IFRS強制適用に向けた機能強化の三段階でIFRS対応を実施します。具体的な対応計画は以下の通りです。

【コンバージェンス(収れん)対応】
有形固定資産の除去に係わる費用等の計上基準となる「資産除去債務」とマネジメント・アプローチの採用による「セグメント情報等の開示」は2010年3月に、また、企業の財政状態などの適切な期間比較を行うための会計方針変更による「過年度遡及変更可能」とする対応は、2011年3月にリリースします。

【アドプション(全面採用)対応】
2011年12月に以下のアドプション対応機能をリリースします。
・ 複数帳簿対応 :財務諸表が、IFRS対応と日本基準の複数帳簿管理となる可能性があるため、一つの会計取引から異なる会計基準の仕訳を生成し、それぞれの財務諸表を作成するようにします。

・ 財務諸表対応 :「貸借対照表」、「損益計算書」に加えて、「財政状態計算書」、「包括利益計算書」など企業価値を測る基準となる帳票を出力できるようにします。

・ 期ずれへの対応 :連結財務諸表の作成に用いる親会社およびその子会社の財務諸表は、同一日付で作成する必要があるため、会計期間をまたがって財務諸表を出力できるようにします。

・ 固定資産/リース資産への対応 :償却可能価額を経済的耐用年数にわたって規則的な方法で配分しなければならず、残存価額と耐用年数を各事業年度ごとに見直す必要があるため、複数の資産台帳管理や減損の戻入、資産除去債務の割引率見直しなどに対応します。

【IFRS強制適用に向けた機能強化】
2012年1月以降、IFRS基準の追加に伴う機能追加や、先行適用されたお客さまからのご要望を取り入れ、強制適用が予定される2015年4月(予定)まで順次機能の強化を行います。

■ 「ZeeM IFRS対応推進室」を設置
クレオでは、IFRSに対する具体的なソリューションを提供するために、「ZeeM IFRS対応推進室」を設置しました。IFRS動向の見極め、IFRS対応を進める企業に、ZeeM会計ソリューションを軸に、IFRS導入を幅広く支援してまいります。


●詳細はこちらをご覧下さい。
プレスリリース
リンク



【本件に関するお問い合わせ先】
本発表に関するお問い合わせ先
株式会社クレオ  マーケティング統括部  木原
info.zeem@creo.co.jp Tel.03-3445-3531 , Fax.03-3445-3535

企業全般に関するお問い合わせ先
広報IR室
press-ir@creo.co.jp Tel.03-3445-3539 Fax.03-3445-3505



《関連URL》
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。