logo

グリーンモバイルデバイス

法規制、消費者、企業の社会的責任という市場促進要因

多くの耐久消費財のメーカーが、自社の製品の製造プロセスやそのライフサイクルにおいて、環境負荷を削減することを目指すような時代になってきた。年々膨大な量の携帯電話が生産され、ユーザーがモバイル技術の最新トレンドを追いかける傾向があることから、平均的な買い替えサイクルは1年から1年半と短く、携帯端末メーカーのエコ化の動向は特に注目される結果となった。
消費者意識が向上し、環境関連法案の革新が進んでいるために、端末メーカーは、コンプライアンスを改良し、環境的な継続性を高めるという新しい商習慣を開発することで、企業責任を向上させようとしている。EUと産業界のイニシアチブによって、携帯電話の生産、販売、利用、廃棄というライフサイクル全体にわたる、継続可能なビジネスモデルが大きく進展した。
この調査レポートは、世界の主要な携帯端末のイニシアチブと、メーカーが環境負荷を最小にすべく努めた結果として市場に登場した端末製品を特定し、米国消費者の端末メーカーのグリーンイニシアチブに関する関心、認知、商品選択を分析している。

【調査レポート】
グリーンモバイルデバイス:法規制、消費者、企業の社会的責任という市場促進要因
Green Mobile Devices Regulatory, Consumer, and Industry Drivers for Corporate Social Responsibility
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事