logo

SL ジャパン、リアルタイム・データの可視化と監視ダッシュボード「RTView」の最新版をリリース

エージェント・データ・アダプタ新機能などの他、RTView for APM | BW Monitor をラインアップに追加

株式会社 SL ジャパンは、リアルタイム・データの可視化と監視ダッシュボードである RTView シリーズ製品の最新バージョン 5.5 をリリースしました。RTView 標準ツール製品にはエージェント・データ接続アダプタが新たに追加された他、TIBCO ActiveMatrix BusinessWorks 運用監視アプリケーションである「RTView for APM | BW Monitor」製品がラインアップに加わりました。

株式会社 SL ジャパン(www.sl-j.co.jp 米 SL 社の日本法人、東京都港区、代表取締役社長 羽島 良重)は、リアルタイム・データの可視化と監視ダッシュボードである RTView シリーズ製品の最新バージョン 5.5 をリリースしました。RTView 標準ツール製品にはエージェント・データ接続アダプタが新たに追加された他、TIBCO ActiveMatrix BusinessWorks 運用監視アプリケーションである「RTView for APM | BW Monitor」製品がラインアップに加わりました。

米 SL 社が開発した RTView は、コンテンツリッチで高速なカスタム・ダッシュボード画面と、アラートやデータの集約・解析・履歴などの仕組みを、ポイント&クリックのビルダーでプログラミングすることなく完全にカスタム構成し、XML, JMS, JMX, WMI, SQL, カスタム・データソースなど、さまざまなデータソースにメニュー選択だけで接続できます。メッセージング・バスや複合イベント処理(CEP)エンジンなどとダイレクトに接続し、リアルタイムにダッシュボード画面へデータを集約・表示できる SL 社の高速な RTView は、世界の主要 SOA ミドルウェアのフロントエンドをはじめ、24x365 日運用システムのインフラ/アプリ監視からサービスやオペレーションの状況を監視する BAM(ビジネス・アクティビティ監視)ソリューションの構築で、実績を誇っています。

今回の新版で新たに追加されたエージェント・データ・アダプタは、リモート・エージェント・アプリケーションに接続してデータを受信し、RTView のビルダー、データ・サーバ、ディスプレイ・サーバ、ヒストリアン、ビューワーにデータをパブリッシュ(発行)するものです。一旦接続が確立すると、ビルダーの「エージェント・データの付加」ダイアログで任意の RTView キャッシュ・オブジェクトに、エージェントから受信するデータ・テーブルと連動するように画面を構成できます。これにより、不特定多数のアプリケーションからのリアルタイム・データを中央の RTView サーバにパブリッシュし、RTView で一元化して処理して監視することができます。また、API を公開しているため、独自のエージェント・アプリケーションを構築できます。

その他、ダッシュボード画面のウィンドウ・サイズと構成部品のレイアウト変更をプロパティで設定実行できる新機能や、カスタム・アラート設定と同様にキャッシュを対話的に設定できるダイアログや関数の実行結果を表示するダイアログを追加、履歴データのコンパクト化、ヒートマップをはじめとする全部のオブジェクトにマウスオーバーでツールチップによるテキスト・データ表示を展開など、ビルダーの使いやすさから運用実行に至るまで、多数の機能拡張を施しています。

また RTView シリーズでは、これまで RTView for Oracle Coherence グリッド・アプリケーション・モニタや RTView for TIBCO トランザクション/メッセージ・モニタといった運用管理アプリケーション製品を提供してきましたが、さらに今回の新版では、複数のサーバに分散した TIBCO ActiveMatrix BusinessWorks 異種混在環境向け SOA プラットフォームの稼働状況を監視できる「RTView for APM | BW Monitor」新製品が、ラインアップに加わりました。アウト・オブ・ザ・ボックスですぐに使えるアプリケーションで、数々の BusinessWorks (BW) 運用エンジンからのサーバ・メモリ容量や CPU 使用率などのリアルタイムな性能評価指標データと履歴データを、関連するサービス、プロセス、アクティビティとともに、中央の RTView ダッシュボードで監視でき、的確で迅速なトラブルシューティングならびに早期対応による事前防止を可能にします。

なお、RTView 最新版は、10月28日(水)~30日(金)に東京ビッグサイトで開催される ITpro EXPO 2009 に出展し、10月29日(木)には「SOA テーマ・セッション」セミナで「リアルタイムな可視化と監視ダッシュボードの適用-インフラ/アプリ監視から BAM するには」をテーマに講演いたします。
リンク

■SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について
www.sl-j.co.jp

1983 年以来、25 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。SL 社の RTView は、ビジネス・アクティビティ監視(BAM)、ビジネス・サービス管理(BSM)、アプリケーション性能管理(APM)、インフラ環視に至る、広範な企業可視化で活用されています。さらに RTView は、イベント駆動型 SOA 市場における、Progress Apama などの複合イベント処理(CEP)エンジン、TIBCO などのメッセージング・ミドルウェア、Oracle Coherence データ・グリッド、金融サービスやプロセス製造業などのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の可視化ソリューション技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする何千にもおよぶ最もクリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で SL 社が選択されてきた理由です。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、92,000 以上(2008 年末現在)がライセンスされています。株式会社 SL ジャパンは 1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。

■RTView 製品について
コンテンツリッチで高速なカスタム・ダッシュボード画面と、アラートやデータの集約・分析・履歴などの仕組みを、ポイント&クリックのビルダーでプログラミングすることなくカスタム構成。XML, JMS, JMX, WMI, SNMP, RRD, SQL (JDBC/ODBC), OLAP, カスタム・データソースなど、さまざまなデータソースにメニュー選択だけで接続してプレビューできます。そして運用時に、コンパクトな Java アプレット、ポートレット、Web 2.0 シンクライアント(AJAX, Flex)、または Java アプリケーションを、透過的に選択できます。また、データの集約と解析はインメモリで高速に実行し、リアルタイムなデータを視覚的かつ柔軟にスライス&ダイスすることができ、レポートはダッシュボード画面の他、PDF, Excel, または HTML 形式で生成して配信できます。

■■■ お問い合わせ先

株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階

※記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.sl-j.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。