logo

シナジー、CalDigitが2009年国際放送機器展(InterBEE2009)への出展を発表

株式会社シナジー 2009年10月19日 09時00分
From DreamNews

株式会社シナジーが国内代理店を努める米CalDigit社(米国カリフォルニア州プラセンシア)が2009年11月18日から20日にかけ幕張メッセ(千葉市美浜区)において開催される「2009年国際放送機器展」(InterBEE2009)に出展します。
主に放送を中心としたプロフェッショナルビデオ制作用途向けデータストレージ分野を牽引するCalDgitは、InterBEE2009において最新のCalDigit VR miniほか、新製品を取り揃えて皆様のご来場をお待ちしております。「CalDigitデータストレージ製品、特に新製品のバスパワー動作が可能なCalDigit VR miniは手のひらサイズにフル機能を詰め込んだ妥協のないポータブルストレージとして、機動性の高い制作環境に貢献します。日本語での液晶表示にも対応した本製品を皆様に紹介できることを楽しみにしています」(ジャレッド・ピキュン : CalDigit社セールスマーケティング担当副社長)【出展概要】
会場 : 幕張メッセ (千葉市美浜区)
日時 : 2009年11月18日~20日(3日間)
ブース番号 : 展示ホール5 出展小間5606【展示製品】
・CalDigit HDPro : PCIe接続 リダンダントRAIDストレージ
・CalDigit HDOne : PCIe接続 RAIDストレージ
・CalDigit HD Element : 拡張性の高い10ビット非圧縮HD対応RAIDアレイ
・CalDigit VR mini : 手のひらサイズのフル機能ポータブルRAIDストレージ【製品情報URL】
リンク
<CalDigitについて>CalDigitは、放送映像制作を中心に音楽、写真などのプロフェッショナルコンテンツ制作向けのデータストレージを開発・製造しています。
データストレージが生産財としての役割を果たすために、実用的で、ユーザーサービスが可能なモジュラー設計、実使用環境を熟知したサポートチームによるシングルベンダサポートを提供し、ユーザーのコンテンツ制作業務を支えています。米国カリフォルニア州プラセンシアの本拠を中心に、各国の拠点とともに製造開発、サポートをおこなっています。<本件に関するお問い合わせ先>株式会社シナジー
03-3654-3883

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事