logo

「サムスン電子の携帯電話端末事業戦略分析~2009年上半期の経営活動及び製品ラインナップ分析を中心に~」調査報告書を発表

ROA Groupの最新調査報告書

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析レポート「サムスン電子の携帯電話端末事業戦略分析~2009年上半期の経営活動及び製品ラインナップ分析を中心に~」を刊行し、販売を開始いたしました。

■報告書の概要

現在、グローバル携帯端末市場ナンバー2の地位を確立しているサムスン電子。本レポートでは、携帯電話事業を中心に2009年上半期の同社の経営活動及び実績に関する分析を行っています。これに加え、2009年上半期に主にGSM市場向けに公開・販売された同社の新端末71モデルに関し、ポートフォリオ戦略への採択においてキーとなる端末機能を定義し、各モデルへの適用について多様な角度から分析を試みました。また結論として、2009年下半期以降の同社の携帯電話事業戦略のキーワードを明らかにしています。


■目次

エグゼクティブサマリー

1 サムスン電子の2009年上半期経営活動
 1-1 財務
 1-2 携帯電話端末事業の営業実績
 1-3 組織
 1-4 マーケティング
 1-5 生産・SCM
 1-6 R&D

2 2009年上半期公開・発売端末仕様及びラインナップ戦略分析
 2-1 調査方法
 2-2 基本データ
 2-3 1次分析 - 主要機能対応度
 2-4 2次分析 - 機能の組み合わせ度
 2-5 3次分析 - ラインナップ区分による分析

3 サムスン電子携帯端末事業におけるコンテンツ戦略動向
 3-1 Samsung FunClub/ Samsung Mobile.com
 3-2 Samsung Mobileアプリケーション
 3-3 Samsung Movie Store / Samsung island

4 サムスン電子の携帯電話競争力評価と今後の方向性


図目次
[図1-1]収益回復傾向を示すサムスン電子の営業実績(2008年第1四半期~2009年第2四半期)
[図1-2]サムスン電子の収益を支える情報通信事業の営業実績(2008年第1四半期~2009年第2四半期)
[図1-3]サムスン電子情報通信の営業実績(2008年第1四半期~2009年第2四半期)
[図1-4]サムスン電子とノキアの携帯電話端末出荷台数比較(2007年第2四半期~2009年第2四半期)
[図1-5]サムスン電子の組織体制(2009年1月の大幅組織再編前後の比較)
[図1-6]事業展開の効率及びスピード向上を狙ったDMC部門組織構成
[図1-7]サムスン電子の人件費及びマーケティング費用の推移(2007年第2四半期~2009年第2四半期)
[図1-8]サムスン電子のスポーツマーケティング及びNASCARスポンサー
[図1-9]年間3億万台の生産を進めるサムスン電子の携帯電話生産体制
[図1-10]グローバル端末ベンダートップ5の価格競争力及び収益性比較(2009年第2四半期)
[図1-11]サムスン電子の携帯電話平均販売価格の推移(2000年~2008年及び2009年上半期)
[図1-12]サムスン電子携帯端末部品の主な調達先
[図1-13]サムスン電子のグローバルR&Dネットワーク
[図2-1]グローバル市場における通信方式及び地域別の携帯電話加入者分布(2008年末)
[図2-2]サムスン電子2009年上半期端末の公開・発売時期及び端末数
[図2-3]サムスン電子2009年上半期端末のCellular Network Technology、Dual SIM採用率
[図2-4]サムスン電子2009年上半期端末のBluetooth、W-LAN採用率
[図2-5]サムスン電子2009年上半期端末のカメラ、HTML、Open型OS採用率
[図2-6]サムスン電子2009年上半期端末のカメラ採用内訳
[図2-7]サムスン電子2009年上半期端末のオープン型OS採用内訳
[図2-8]サムスン電子2009年上半期端末のデザイン内訳
[図2-9]サムスン電子2009年上半期端末のAMOLED、タッチスクリーン、3D UI、Qwerty Padキーボード採用率
[図2-10]サムスン電子2009年上半期端末の機能相関性分析シートの利用方法
[図2-11]サムスン電子2009年上半期端末のUTMS及びCDMA端末の仕様分析
[図2-12]サムスン電子2009年上半期端末のスマートフォン仕様分析
[図2-13]サムスン電子2009年上半期端末のQwerty Pad採用率比較
[図2-14]サムスン電子2009年上半期端末のタッチスクリーン採用率比較
[図2-15]サムスン電子2009年上半期端末のAMOLED採用率比較
[図2-16]サムスン電子端末分析のためのカテゴリ区分
[図2-17]サムスン電子2009年上半期端末のラインナップ内訳
[図2-18]サムスン電子2009年上半期端末のラインナップ別のデザイン採用度-1
[図2-19]サムスン電子2009年上半期端末のラインナップ別のデザイン採用度-2
[図2-20]サムスン電子2009年上半期端末のラインナップ別の端末戦略-1
[図2-21]サムスン電子2009年上半期端末のラインナップ別の端末戦略-2
[図3-1]サムスン電子のコンテンツ中心のクロスデバイス戦略-1
[図3-2]サムスン電子のコンテンツ中心のクロスデバイス戦略-2


表目次
[表1-1]2009年上半期サムスン電子の主要経営活動ハイライト(携帯電話事業を中心に)
[表1-2]サムスン電子の売上高、営業利益、純利益、ROE(2006年~2008年、2009年上半期)
[表1-3]サムスン電子の2008年R&D投資の内訳
[表1-4]情報通信部分におけるサムスン電子2009年上半期のR&D成果
[表2-1]端末に関する基本データ項目
[表2-2]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-1
[表2-3]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-2
[表2-4]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-3
[表2-5]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-4
[表2-6]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-5
[表2-7]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-6
[表2-8]サムスン電子2009年上半期の端末データシート-7
[表2-9]サムスン電子2009年上半期端末の機能相関性分析データシート1-モデル数
[表2-10]サムスン電子2009年上半期端末の機能相関性分析データシート2-採用率

*PDF(CD-ROM)版の場合、表2-2~2-8、及び、表2-9、2-10がエクセルデータで提供されます。



■商品概要

発行:株式会社ROA Group
発刊:2009年10月
判型:ワードA4 カラーコピー印刷 ページ数:71頁
調査・製作 : 株式会社 ROA Group
価格(税込・送料込) :
- 99,750円 (PDF+エクセル(CD-ROM))
- 102,900円 (PDF+エクセル(CD-ROM)+印刷版)
- 99,750円 (印刷版)

<お申し込み方法>
次のURLからお申し込みいただけます。
リンク


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Group
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@researchonasia.com
その他支店 : ソウル支社、上海支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:木村典子
TEL: 03-3356-0874 Email: report@researchonasia.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。