logo

無線LAN、GPS、テレメトリ、セキュリティを備えた 3Gセルラールータ 「Digi TransPort WR44」を発表

モバイルホットスポット、リモート支払処理、リモートオフィスなどに対応

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、このほど、無線LANアクセスポイントを備えたオールインワンのエンタープライズクラスルータ、「Digi TransPort WR44」を発表しました。

多機能のDigi TransPort WR44は、3Gセルラールータ、最新のセキュリティ、先進のルーティング、イーサネットスイッチ、GPS(全地球測位システム)、テレメトリ、無線LANアクセスポイントを1台の装置に融合し、遠隔機器に高速接続性を提供します。エンタープライズクラスの機能と柔軟なワイヤレス機能の独自の組み合わせにより、本ルータは、輸送、リモートオフィス、小売POSといったバーティカルなアプリケーションで遠隔機器を接続するのに理想的です。


「特殊な要求がある産業用機器は、標準的なITインフラでは満足できないことがよくあります。Digi TransPort WR44はエンタープライズクラスのルータのあらゆる機能を持ちながら、輸送、公衆安全、リモートオフィス、小売、金融といった特殊な産業アプリケーション向けに設計された、バーティカルにフォーカスされた機能セットを備えています」と、Digi Internationalのグローバルセールス&マーケティング上級副社長のラリー・クラフトは話しています。


Digi TransPort WR44は、公共安全自動車やバス、電車、トラック、船などの輸送アプリケーションのモバイルホットスポットとして利用できます。また、リモートオフィスネットワークにプライマリおよびバックアップコネクティビティを提供するのにも理想的です。ハイエンドのセキュリティ機能により、支払いカード業界のデータセキュリティ基準(PCI DSS) 認可ネットワークでのリモート支払処理のようなPOSアプリケーションにも最適な製品となっています。


Digi TransPort WR44は、多様な電源オプション、複数の取り付けオプション、堅牢な設計、ローカルスクリプト、先進のダイナミックルーティング、最新のセキュリティとステートフルパケット検査を備えたファイアウォール機能、統合IPSec VPNといった機能を搭載しています。エンタープライズクラスのプロトコルはBGP、OSPFとVRRP+、いかなる電圧降下でも真のオートセンシング、自動フェイルオーバ、自動復旧を提供する一般的なVRRPフェイルオーバ標準からなる特許を持つテクノロジーを併せ持っています。


Digi TransPort WR44は、産業に特化した柔軟な機器接続オプションを備えた多機能ルータです。複数のシリアルポート(非同期または同期)、GPSまたはI/Oテレメトリモジュール、USBポートと4ポートイーサネットスイッチなどのさまざまな構成が利用できます。加えて、大規模インストレーションの容易なセットアップ、コンフィグレーション、メンテナンスを実現するDigi Remote Managerソフトウェアを使った完全な管理が可能です。本製品はまた、クラス最高の5年間保証も特徴としています。


Digi TransPort WR44は895ドルで販売開始します。詳細は、www.digi.com/wr44をご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

Digi TransPort WR44

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事