logo

JumperTel USBフォンでは、年間12米ドルで世界のどこへでも無制限に電話できます

Madison, WI, Oct 7, 2009 - (JCN Newswire) - 年間12米ドルで世界中の誰とでも通話できるプラグ・アンド・プレイUSBフォンのメーカー、JumperTel(TM)社は、本日、JumperPhone 100(TM)を発表しました。コンピュータ初心者向けに設計されていますので、USBポートに電話をつなぐやり方さえ知っていれば、使用できます。

Madison, WI, Oct 7, 2009 - (JCN Newswire) - 年間12米ドルで世界中の誰とでも通話できるプラグ・アンド・プレイUSBフォンのメーカー、JumperTel(TM)社は、本日、JumperPhone 100(TM)を発表しました。コンピュータ初心者向けに設計されていますので、USBポートに電話をつなぐやり方さえ知っていれば、使用できます。

JumperPhone 100 USBフォンは、世界のどこへ電話をするにも、いちばん簡単で安価な手段となるように、シンプルな設計がされています。ノートPCやデスクトップPCのUSBポートにつなぎさえすれば、あとはソフトウェアの表示するガイドに従い、多くても5回、マウスをクリックするだけでインストール手順は完了です。別のJumperTelユーザの番号にダイヤルして、長時間通話のし放題で、年間わずか12米ドルです。

電話機は、滑らかなフォルムのポータブル機器で、はっきりと明瞭な通話ができます。ダイヤルアップでも高速ブロードバンド接続でも、通話中の音声がクリアーに聞こえます。現在国際電話プリペイドカードをお使いで、家族や友人や同僚と緊密に連絡を取る便利な方法をお探しの方には、JumperPhone 100は、理想的な選択肢となるでしょう。

「誰でも、おばあちゃんと電話ができる…そんなソリューションを我々は提供したいと考えていました。」と、JumperTel社COOのDennis Barnumは述べました。「国際電話プリペイドカードに印刷された文字は小さく、使った料金や分数を頭に入れておかないといけないなど、いろいろ課題点があります。Skypeにしても、とにかく複雑で躊躇してしまうと、多くの人が考えています。我々は、そういったややこしさを全部無くしました。ただ差し込んでダイヤルすればOKです。」

その他の機能:

- JumperTelソフトフォン
- エコーキャンセルおよびノイズリダクション
- 着信音の選択
- 表示言語の選択
- 発信者ID
- スピードダイヤル
- 電話帳
- 自動アップデート

システム要件

- Windows 2000、XP、Vista
- 400 MHzプロセッサと、USB1.1またはUSB2.0の空きポート
- 128 MB RAMおよび15 MBの空きディスクスペース
- インターネット接続(33.6 Kbpsモデム、またはケーブルやADSL接続など任意のブロードバンド)
- 外部電源不要
- USB電源LEDインディケータ
- 全ドライバはインストール済み
- JumperTelで有効な通話プラン

価格と入手方法

JumperPhone 100は、1台$21.99で発売中です。また、通話料金は前払いで年間12米ドルです。お買い上げいただく電話の番号には、制限はありません。製品は、直販サイト リンク 、またはAmazon.comから今すぐご購入できます。

JumperTel社について

JumperTelは、世界中の人々が高価な設備や使いにくいソフトウェアを購入しなくても、お互いに通話できる安価で使いやすいソリューションを提供するために、作られました。JumperTelネットワークは、ユーザのプライバシーを保護し、電話番号を秘密のままにしておく、安全でセキュアなサービスです。システムでは、JumperPhone 100という特別なプラグ・アンド・プレイUSBフォンを使います。JumperTelフォンでは、ソフトウェアが装置内にあらかじめロードされていますので、JumperTelの最新バージョンを自動的にインストールし、最新状態を保持します。JumperTel社は、Optimo Commercial Investments社からの投資を受けています。詳しい情報は、 www.jumpertel.com をご覧ください。

すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者の資産です。

Michael Becce
732-758-1100 732-758-1100 ext.104
mbecce@mrb-pr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事